盆回(ぼんまわ)し/Set Rotation》

速攻魔法
(1):自分のデッキからカード名が異なるフィールド魔法カード2枚を選び、
そのうちの1枚を自分フィールドにセットし、もう1枚を相手フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードのいずれかがフィールドゾーンにセットされている限り、
お互いに他のフィールド魔法カードを発動・セットできない。

 マキシマム・クライシスで登場した速攻魔法
 自分デッキからフィールド魔法2種類をお互いフィールドゾーンセットし、他のフィールド魔法発動セットを制限する効果を持つ。

 現在、《テラ・フォーミング》制限カードであるため、その代替手段としてこのカードが候補となる。
 競合相手として《メタバース》があるが、こちらはデメリット付きとは言え、引いたターンに即フィールド魔法発動できる点は大きな差異となる。
 性質上、2種類以上のフィールド魔法を投入する必要があり、デッキ内のフィールド魔法の枚数には注意しておく必要がある。

 送りつけフィールド魔法破壊された時の効果使用したり、発動に制限がかかるフィールド魔法送りつけ相手フィールド魔法戦術を阻害できる。
 《チキンレース》汎用性の高いドロー効果があるため腐りにくく、お互いが利用できるので送りつけた場合でもドローを期待できる。
 《森のざわめき》で2種類のフィールド魔法バウンスしてアドバンテージを得る事も可能。

 速攻魔法の利点を活かし、相手フィールド魔法効果の発動に対してこのカード発動すれば、上書きにより不発にする事ができる。
 この場合、フィールド魔法のルールによる墓地送りなので効果破壊された時の効果発動させずに除去する事が可能で、破壊耐性も無視できる。

 フィールド魔法を利用するデッキは多く、特定のフィールド魔法を戦術の中核に据えるデッキも存在するため、そのようなデッキに対するメタカードになりうる。
 送りつけフィールド魔法相手にとって有用なカードだと利用されてしまうだけなので、以下のようなものが適している。

  1. 発動するとデメリット効果を発揮する《オレイカルコスの結界》
  2. デッキに特定のカードがないと発動自体できない《混沌の場》《セフィラの神託》
  3. 発動されてもフィールド魔法を上書きさせず、お互いメリットとなる効果を持つ《半魔導帯域》

 ただし、発動後にこちらのフィールド魔法破壊された場合、新たなフィールド魔法発動を制限されるデメリットがある。
 フィールド魔法に依存したデッキにとっては自らの首を絞めかねず、無駄な除去カードを費やす事になる。
 そのため、《テラ・フォーミング》のように安易に採用する事ができず、デッキを選ぶカードだと言える。

  • この場合の「盆」とは舞台転換で使用するターンテーブルの事を表す。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《盆回し》 魔法 速攻魔法

広告