盆回(ぼんまわ)し》

速攻魔法
(1):自分のデッキからカード名が異なるフィールド魔法カード2枚を選び、
そのうちの1枚を自分フィールドにセットし、もう1枚を相手フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードのいずれかがフィールドゾーンにセットされている限り、
お互いに他のフィールド魔法カードを発動・セットできない。

 マキシマム・クライシスで登場した速攻魔法
 自分デッキからフィールド魔法2種類をお互いフィールドゾーンセットし、他のフィールド魔法発動セットを制限する効果を持つ。

 フィールド魔法サーチするだけであれば《テラ・フォーミング》で事足りるため、このカードを優先するならフィールド魔法送りつけや、フィールド魔法の上書きを封じる効果も活かしたい。
 例えば、送りつけフィールド魔法破壊された時の効果使用したり、発動に制限がかかるフィールド魔法送りつけ相手フィールド魔法戦術を阻害する用法である。
 速攻魔法であることを活かし、相手フィールド魔法効果発動に対してこのカード発動し、上書きすることで実質無効にする事もできる。
 この場合フィールド魔法のルールによる墓地送りなので効果破壊された時の効果発動させずに除去することが可能で、破壊されない耐性も無視できる。

 フィールド魔法を利用するデッキは多く、中には特定のフィールド魔法を戦術の中核に据えるデッキも存在するため、そのようなデッキに対するメタカードになりうる。
 同時にフィールド魔法の実質的なサーチも含むため4枚目以降の《テラ・フォーミング》として採用可能で、フィールド魔法メタカードでありながらサポートカードであるといえる。
 《チキンレース》汎用性の高いドロー効果があるため腐りづらく、お互いが利用できるので送りつけた場合でもドローを期待できる。
 新たなフィールド魔法発動セットを制限するロックに期待する場合、送りつけフィールド魔法は以下のようなものが適している。

  1. 発動するとデメリット効果を発揮する《オレイカルコスの結界》
  2. デッキに特定のカードがないと発動自体できない《混沌の場》《セフィラの神託》
  3. 発動されてもフィールド魔法を上書きさせず、お互いメリットとなる効果を持つ《半魔導帯域》

 送りつけフィールド魔法相手発動するかどうかは任意であるため、2種類のフィールド魔法効果を両方適用された状態は期待できない。
 元から2種類以上のフィールド魔法を使うデッキに採用する場合、自分フィールド魔法発動しない事でメタを発揮できるが、セットを維持する限り自分メタを受ける事になる。

 変わった所ではメタを貼りつつ《ポップルアップ》発動条件を満たし易くしたり、《森のざわめき》で2種類のフィールド魔法バウンスしたりといったことを可能にできる。
 尤もコンボを狙う性質上、手札事故及び該当カード腐る可能性も十分考慮しなければならない。

  • この場合の「盆」とは舞台転換で使用するターンテーブルのことを表す。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《盆回し》 魔法 速攻魔法

広告