()取引(とりひき)/Terrible Deal》

通常罠
相手が魔法カードを発動した時、
1000ライフポイントを払って発動できる。
相手の手札をランダムに1枚捨てる。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した通常罠
 相手手札ランダムに1枚捨てる

 発動条件があるものの、魔法カードを使わないデッキはごくわずかであり発動自体は容易。
 1:1交換が成立しており、アドバンテージ面でも損はしていない。
 しかし、ランダムに1枚捨てるだけでは他のカードとのコンボが組みづらい。
 《水霊術−「葵」》などのハンデスカード相手手札を見て有力なカード墓地に置け、情報アドバンテージも得られる点が強力なのである。
 ランダムであるため、1:1交換と言えどライフコストに見合うかは運の要素が大きくからんでくる。
 現環境では墓地発動するタイプのカードも多く、特に暗黒界と当たってしまうと最悪である。

 同じ条件下ならライフコスト無く、魔法カード無効ハンデスを行える《マジック・ドレイン》が存在し、あちらの方が汎用性が高い。
 こちらを使用するならばハンデスデッキになるが、ハンデスデッキであっても腐る可能性がある。
 このカード発動する場合、相手魔法カードを含む2枚のカードを持っている必要がある。(魔法カードを伏せていればこの限りではないが)
 相手手札が充実している序盤なら発動の機会も多いだろうが、削り続けてくうちに発動の機会を無くしてしまう。

 貴重な1:1交換可能なハンデスカードでありながら、微妙な立ち位置となっている。

  • 「取引」と名がつくが、暗黒界サポート用ではない。
    むしろ相手暗黒界のサポートをしてしまう。
  • Vジャンプでは《風帝ライザー》等とともに「どんなデッキにも投入できる汎用性の高いカード」として挙げられていた。
    確かに発動条件の緩さからデッキを選ばず投入できるが、実際に採用できるかは別問題だろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《魔の取引》 通常罠

広告