魔導雑貨商人(まどうざっかしょうにん)/Magical Merchant》

効果モンスター
星1/光属性/昆虫族/攻 200/守 700
リバース:魔法・罠カードが出るまで自分のデッキをめくり、
そのカードを手札に加える。
それ以外のめくったカードは全て墓地へ送る。 

 黒魔導の覇者で登場した光属性昆虫族下級リバースモンスター
 リバースした時にデッキからめくった魔法・罠カード手札加えると同時に、それ以外のめくったカード墓地を肥やす誘発効果を持つ。

 【昆虫族】では《ゴキポン》《ダニポン》によってサーチでき、モンスター墓地へ送ることができるので《デビルドーザー》召喚コスト《ライヤー・ワイヤー》発動コストとなる昆虫族モンスター墓地へ送ることが可能。
 《カオス・ネクロマンサー》を使う際は攻撃力強化するために必須となり、以前では【未来オーバー】にも投入される等の活躍を見せている。
 キーカードである《ミラクル・フュージョン》の回収・発動条件の緩和とデッキ圧縮のために、【E・HERO】に投入されることもある。
 その他にも《龍の鏡》《思い出のブランコ》《終わりの始まり》発動補助、《ライカン・スロープ》《ワイトキング》攻撃力強化等、モンスター墓地へ送ることが重要なデッキでは幅広く利用できる。

 全体除外カードを併用すれば、除外されたカードの枚数を肥やす事もできる。
 もっとも全体除外とこのカードの2枚が必要になり、さらにリバースさせる必要がある上枚数も安定しない。
 確実に一定の枚数を除外するなら《ネクロフェイス》を使うほうがよいか。

 「魔法・罠カードを取りこぼさない」ということは「魔法・罠カード墓地へ送れない」「墓地へ送れるカードの枚数が不安定」ということであり墓地肥やしにおいては確実性はない。
 同じリバースモンスターであり、必ず指定の枚数を墓地へ送れフィールドを荒らす事もできる《ライトロード・ハンター ライコウ》の存在により、墓地肥やしの面では影が薄くなっている事は否めない。
 墓地へ送る枚数に絞って比較しても、デッキ構成をよほどモンスターに偏らせない限り3枚を超える墓地アドバンテージの獲得は難しい。
 例えば40枚中モンスターが20枚なら、単純に考えて確率16分の1でしか4枚以上にはならない。
 (40枚中モンスター36枚でようやく65%)
 墓地肥やしにこのカードを使用する場合は、差別化のため、魔法・罠カードを極力少なくしたデッキでの採用が望ましい。

 このカードは、手札魔法・罠カードを残しつつモンスターカード墓地へ送ることを重視するデッキや、【フルモンスター】に限りなく近いデッキに少数仕込んだ特定のコンボパーツを手札に呼び込みたいデッキでは重宝する。
 また「カードをめくって墓地へ送る効果であるため、森羅のめくられた時の効果を利用できる点は多くの墓地肥やしには無いメリットである。

  • モチーフはコガネムシだろう。
    金を呼び込むと呼ばれるコガネムシなら、属性とこの効果のイメージにぴったりといったところか。
    ちなみに、その外見をゴキブリだと判断する説も存在するが、ゴキブリのことをコガネムシと呼ぶ地域もあるので、どちらが正しいのかは各人の判断にお任せしよう。
  • アニメ5D'sの「遊星vs鷹栖」戦において遊星のデッキに投入されているのが確認できる。

関連カード

―商人モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分デッキ魔法・罠カードが存在しない場合、どのように処理しますか?
A:その場合でもこのカードの効果発動します。
  デッキの全てのカードをめくり、めくったカードは全てデッキに戻し、シャッフルします。(15/08/06)

Q:墓地送りカード手札に加える処理は同時扱いですか?
  墓地へ送られるカードはすべて同時に送られる扱いですか?
A:どちらも同時扱いです。(09/01/03)

Q:《ライオウ》フィールド上に存在する時に発動した場合、どのような処理になりますか?
A:めくったカード手札に加えられるカードも、全て墓地へ送られます。(15/07/11)


Tag: 《魔導雑貨商人》 リバースモンスター 効果モンスター モンスター 星1 光属性 昆虫族 攻200 守700

広告