魔導人形の夜(マドルチェ・ナイツ)/Madolche Nights》

カウンター罠
自分の墓地にモンスターが存在しない場合に発動できる。
効果モンスターの効果の発動を無効にする。
自分フィールド上に「マドルチェ・プディンセス」が存在する場合、
さらに相手の手札をランダムに1枚デッキに戻す。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場したカウンター罠
 モンスター効果無効にし、《マドルチェ・プディンセス》が存在する場合追加でハンデスを行う効果を持つ。

 墓地モンスターが存在しない時に発動できる《天罰》といえるが、効果無効にしたモンスター破壊できない。
 コストが必要ないとはいえ、発動条件の縛りもあり汎用性は類似カードに劣るため、通常のデッキで採用するには難しい。
 墓地モンスターが送られない除外デッキや、【クリフォート】のようなペンデュラムモンスターを中心としたデッキなら無理なく採用できるだろう。

 フィールドモンスターには《ブレイクスルー・スキル》等で事足りてしまうが、手札墓地発動するモンスター効果に対応できるのが強み。
 特に手札から発動する効果を多く持つ【影霊衣】に対してはこちらが有効である。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウ効果無効にするカウンター罠である役割の似た《神の通告》が登場した。
 あちら発動条件がなくコストライフのみで無効後に破壊する効果を持ち、特殊召喚無効効果までも持つ。
 このカードを使用する場合には後半のハンデス効果を利用できるようにデッキを構築し差別化しなければ採用は難しい。

 後半のハンデス効果《マドルチェ・プディンセス》軸の【マドルチェ】で最大限に活用できる。
 自分モンスター効果にも使えるため、能動的にハンデスする事も可能。
 《マドルチェ・ホーットケーキ》なら墓地モンスター除外しつつ、《マドルチェ・プディンセス》リクルートできるので発動条件を満たしやすい。
 《マドルチェ・ティーブレイク》と違ってフィールドに影響を及ぼせないので、《マドルチェ・プディンセス》効果でフォローしたいところ。

  • 魔導と名にあるが、その部分のルビが「まどう」ではない。
  • イラストでは人形のように佇むマドルチェたちが描かれており、人形の縫い目にはところどころにほつれが見られる。
    カード名からしてマドルチェという存在は"生物"ではなく魔導によって命を吹き込まれた"人形"という設定になっているようだ。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード《マドルチェ・メッセンジェラート》《クイーンマドルチェ・ティアラミス》効果で「マドルチェ」と名のついた罠カードとして扱われますか?
A:《魔導人形の夜》は「マドルチェ」と名のついた罠カードとして扱われ、《マドルチェ・メッセンジェラート》《クイーンマドルチェ・ティアラミス》効果適用することができます。(13/02/20)


Tag: 《魔導人形の夜》 カウンター罠 マドルチェ

広告