魔導天士(まどうてんし) トールモンド/World of Prophecy》

効果モンスター
星9/光属性/魔法使い族/攻2900/守2400
このカードが魔法使い族モンスターまたは
「魔導書」と名のついた魔法カードの効果によって特殊召喚に成功した時、
自分の墓地の「魔導書」と名のついた魔法カード2枚を選択して手札に加える事ができる。
この効果を発動するターン、自分は他のモンスターを特殊召喚できない。
この効果でカードを手札に加えた時、
手札の「魔導書」と名のついた魔法カード4種類を相手に見せて発動できる。
このカード以外のフィールド上のカードを全て破壊する。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した光属性魔法使い族最上級モンスター
 魔法使い族または魔導書効果特殊召喚に成功した時、墓地から魔導書2枚を手札加える誘発効果、その時に手札魔導書4種類を公開して全体除去を行う誘発効果を持つ。

 効果使用するためには、魔法使い族または魔導書効果特殊召喚する必要がある。
 魔法使い族から特殊召喚を狙う場合は、デメリットを共有できる《魔導召喚士 テンペル》とは相性が良い。
 魔導書での特殊召喚は、なんらかの方法でこのカード墓地へ送る必要はあるが、《ネクロの魔導書》が最も狙いやすいだろう。
 その場合は、エンドフェイズ時に《魔導教士 システィ》効果であえて手札を7枚以上にすることで、デッキスペースを割くことなくこのカード墓地へ送ることが可能。
 《魔導書院ラメイソン》効果でも条件を満たすことは可能だが、このカードレベルが高いため狙うのは困難である。

 魔導書サーチが豊富であるため、序盤でもサルベージ効果を活用することは容易。
 《魔導召喚士 テンペル》から特殊召喚した場合は、その効果発動するために使用した魔導書も即座に回収することができる。
 また、サルベージ効果はその後の全体除去効果発動条件を満たす補助ともなり、2つの効果によって大きなアドバンテージを得ることができる。
 サルベージする魔導書同名カード同士も選択できるが、全体除去を狙う場合は重複を避けて魔導書の種類を確保すると良いだろう。

 全体除去は条件こそあるが、手札を増やしながら発動するため、強力な効果である。
 しかし、発動するターンは他に特殊召喚できないデメリットがあり、また自分カード全体除去に巻き込まれるため、全体除去後の一斉攻撃は難しい。
 そのため、サルベージ効果を使用した時点で手札《トーラの魔導書》《ゲーテの魔導書》が含まれるよう意識し、相手の反撃の芽を摘むプレイングを心掛けるといいだろう。
 また、サルベージ効果に対して《強制脱出装置》等を使用されてこのカードフィールドを離れた場合、全体除去効果発動できないので、《トーラの魔導書》で補助すれば安全に効果発動できるようになる。

  • このカードの登場により、魔導魔導書)のモチーフであるタロットカードが網羅された。

関連カード

イラスト関連

―このモンスター特殊召喚できる魔法使い族

―このモンスター特殊召喚できる魔導書

収録パック等

FAQ

Q:このカードが持つ2つの誘発効果はそれぞれダメージステップ中に発動できますか?
A:サルベージ効果破壊効果は、ともに発動可能です。(13/08/17)

Q:選択した魔導書のうち1枚が、効果解決時墓地に存在しなくなった場合、残り1枚は手札加わりますか?
A:はい、加わります。(13/04/24)

Q:選択した魔導書手札加える効果解決時にこのカードフィールド上に存在しない場合、手札魔導書4種類を公開して全体除去はできますか?
A:いいえ、できません。(13/04/20)


Tag: 《魔導天士 トールモンド》 効果モンスター モンスター 星9 光属性 魔法使い族 攻2900 守2400

広告