魔法族(まほうぞく)結界(けっかい)/Arcane Barrier》

永続魔法
フィールド上の魔法使い族モンスターが破壊される度に、
このカードに魔力カウンターを1つ置く(最大4つまで)。
また、魔力カウンターが乗っているこのカードと
自分フィールド上に表側表示で存在する魔法使い族モンスター1体を墓地へ送る事で、
このカードに乗っていた魔力カウンターの数だけデッキからカードをドローする。 

 CRIMSON CRISISで登場した永続魔法
 魔法使い族破壊される度にこのカード魔力カウンターを置く効果、自身と自分魔法使い族墓地へ送る事でこのカードに乗っていた魔力カウンターの数だけドローする効果を持つ。

 最大で4枚ドローが可能だが、魔法使い族モンスター4体が破壊され、さらにもう1体のモンスターを必要とする。
 魔法使い族破壊される必要があるため、カード・アドバンテージを失いやすい。
 そのため魔法使い族リクルーターである《見習い魔術師》《闇・道化師のペーテン》を使うのが良い。
 特に《見習い魔術師》は、効果によってこのカード魔力カウンターを乗せられるので相性がいい。
 《見習い魔術師》からリクルート可能な《マジカル・アンダーテイカー》《ミラクル・フリッパー》も相性が良く、魔力カウンターを貯める速度を上げるができる。
 魔力カウンターを乗せる効果を持つ《魔力掌握》《漆黒のパワーストーン》を併用するのも手か。
 《炎王の孤島》《天空の虹彩》等、自分効果破壊する方法も確保しておきたい。
 《憑依解放》なら破壊トリガー魔法使い族リクルートできるので魔力カウンターを乗せやすくなる他、墓地へ送る魔法使い族も確保できる。

 また、発動時に魔法使い族墓地へ送る必要があるので、アドバンテージを得たければ最低でも3つ魔力カウンターを乗せる必要がある。
 ドロー効果を使うまでにこのカード除去される可能性もあるので、状況を良く見た上で効果を使う必要がある。
 あらかじめ発動しておき、アドバンテージを得られたらラッキー程度の認識で使っておけば良いかもしれない。

 ただ《ワンダー・ワンド》であれば、同じコストで下準備無く手札交換が可能。
 とはいえ、《強制脱出装置》などでモンスターだけが除去された場合にもフィールドに残る点や大量ドローが狙えるという利点がある。
 他にも《アーカナイト・マジシャン》魔力カウンターを利用するカードを採用し、そちらのコストに使うことも可能ではある。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:魔力カウンターを置く行為はチェーンブロックを作りますか?
A:チェーンブロックを作りません。(08/11/18)

Q:墓地へ送る行為はチェーンブロックを作りますか?墓地へ送る行為はコストですか?
A:チェーンブロックを作ります。また、モンスターとこのカード墓地へ送るのはコストです。(08/11/18)

Q:裏側表示魔法使い族裏側表示のまま破壊された時に魔力カウンターが置かれますか?
A:いいえ、置かれません。(08/01/06)

Q:魔力カウンターの乗っていないこのカード墓地に送れますか?
A:いいえ、効果を使う事自体ができません。(11/06/10)

Q:自分メインフェイズ以外で墓地に送れますか?
A:いいえ、できません。(11/06/10)


Tag: 《魔法族の結界》 魔法 永続魔法

広告