魔霧雨(まきう)/Makiu, the Magical Mist》

通常魔法
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):自分のモンスターゾーンの、「デーモンの召喚」または雷族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以下の守備力を持つ、
相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

 LIMITED EDITION 3で登場した通常魔法
 雷族または《デーモンの召喚》発動条件とする全体除去効果を持つ。

 初期の除去魔法カードの中では癖が強い。
 複数体破壊できるもののバトルフェイズが行えず、安定性だけでなく守備力を持たないリンクモンスターに対して無力な点も《ライトニング・ボルテックス》に劣る。
 手札コストこそないが特定のモンスターを必要とするため、あまり優位点にもならない。
 攻撃力が高いモンスターを用意するほど攻めやすい状況になるというのも、使いにくさに拍車をかける。

 効果的に使うなら、少なくとも攻撃力1600以上の雷族デッキを固めたり、《雷源龍−サンダー・ドラゴン》等で攻撃力強化したい。
 《ライオウ》《ヴェルズ・サンダーバード》等は汎用性も高く、殆どのモンスターに有効。
 《双頭の雷龍》を始めとする【サンダー・ドラゴン】系の大型融合モンスターも、素材となるサンダー・ドラゴン手札に集めやすいため高攻撃力かつ融合召喚しやすい。
 《降雷皇ハモン》を選択すれば、ほとんどのモンスター破壊できる。

  • 英語版のCrimson Crisisで実際にカード化される際、英語名が《Makiu》から変更されている。
    しかし、「Magical Mist(魔霧)」になっており、雨の要素が抜け落ちてしまっている。
    日本語でも聞きなれない単語なのもあるが、魔力による霧雨(細い雨のこと)を魔法の霧と解釈してしまったのが原因だろうか。
    とはいえ、原作でも「魔の霧が場のモンスターを包み込む」という雨の要素がよくわからないテキストだったので、仕方のない事なのかもしれない。
    日本語版のカード名の元ネタは1975年のオカルト映画 『魔鬼雨』(原題:The Devil's Rain)と思われる。
  • アニメオリジナルのバトルシティ前哨戦である「遊戯vsキース」戦でも登場。
    この時のテキストは「電撃の伝導率がまし攻撃力30%アップ!」というものだった。
    キースの《機械王》機械軍団を錆びさせて弱体化させ、やはり《デーモンの召喚》の電撃攻撃で葬っている。
  • アニメでは原作イラストで、中央に映っているドクロの色が違う。
  • コナミのゲーム作品において―
    アプリゲーム「デュエルリンクス」中のイベント「決闘年代記 王国での船出」における「遊戯vsインセクター羽蛾」戦のシーンでは、このカードによって羽蛾のフィールド上のモンスターを全滅させたという描写になっている。

関連カード

発動ターンバトルフェイズを行えないカード誓約効果を参照

収録パック等


Tag: 《魔霧雨》 魔法 通常魔法

広告