猛進(もうしん)する剣角獣(けんかくじゅう)/Mad Sword Beast》

効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻1400/守1200
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

 Thousand Eyes Bible −千眼の魔術書−で登場した地属性恐竜族下級モンスター
 貫通ダメージを与える永続効果を持つ、貫通持ちの開祖。

 恐竜族なので《化石調査》で容易にサーチできるが、それは《炎舞−「天キ」》に対応する《激昂のミノタウルス》《イグザリオン・ユニバース》も同じ。
 攻撃力が低いため《奈落の落とし穴》の影響を受けないが、戦闘で破壊されやすく、肝心の貫通ダメージが下がるため本末転倒と言わざるを得ない。

 恐竜族を多用する際にピン挿しで使い分ける事も不可能ではないものの、対守備表示という役割ならば《ハイパーハンマーヘッド》《ジュラック・グアイバ》の方がアドバンテージを得られる。
 《暗黒ブラキ》《究極伝導恐獣》の(1)の効果相手モンスター守備表示にする等のサポートは欲しいところだが後者の場合は(2)と(3)の効果を使った方がダメージに期待できる。
 《ロストワールド》で低い攻撃力をカバーしながらジュラエッグトークン戦闘破壊することで貫通ダメージを与える、もしくは《ジュラシックワールド》《一族の結束》も併用する場合くらいか。

  • 《マンモスの墓場》ほどではないが、恐竜族とは見え難いモンスター
    イラストを見ても恐竜というよりはサイに近い。
    「セントロサウルス」など角竜類の一部には鼻先に大きな角を持った恐竜は存在するが、それらの恐竜の多くには首部分にフリルと呼ばれるものを有しており、他の共通点も見出しにくい。
  • 少し似た文字だが、剣闘獣とは関係ない。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメDMにおける、「DDM編」突入前のオリジナルデュエル「城之内vs御伽」戦において城之内が使用。
    御伽の《ダークバット》破壊して貫通ダメージをお見舞いした。
    また、同じくアニメオリジナルの「乃亜編」では実体化して静香に襲い掛かっている。
  • コナミのゲーム作品において―
    WCS2011では《暴れ牛鬼》とタッグを組んで対戦相手として登場。
    デッキ名は「猛進!突進!大爆進!」。

関連カード

―《猛進する剣角獣》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《猛進する剣角獣》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 恐竜族 攻1400 守1200

広告