猛突進(もうとっしん)/Super Rush Recklessly》

通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在する獣族モンスター1体を選択して破壊し、
相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択してデッキに戻す。

 EXTRA PACK Volume 4で登場した通常罠
 自分獣族効果破壊し、相手モンスターデッキ内へバウンスする効果を持つ。

 2:1交換なのでディスアドバンテージは負うが、デッキへのバウンスなので破壊耐性を持つものも除去できる。
 類似効果を持つものとして、より範囲の広い《鳳翼の爆風》が存在するが、あちらがドローロックにより他のカードの利用を防ぐのに対し、こちらはバウンス対象の再利用を困難にする。
 エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターに対しては結果的に同じであるものの、同じバウンスでありながら両者の性質はまったく異なると言っていいだろう。
 用途としてはむしろ《風霊術−「雅」》に近い。
 デッキボトム戻すあちらより再利用の可能性は高まるが、サーチやそれによるデッキシャッフルが頻繁に起こる現在の環境では、その差による影響は小さい。

 採用は必然的に【獣族】、あるいは同種族を内包したテーマデッキが主となるが、この場合でも《風霊術−「雅」》同様、《強制脱出装置》が比較対象となる。
 このカードディスアドバンテージを負う分、下級モンスター相手に気軽に発動できない。
 特に有効なのは上級モンスター特殊召喚モンスターという事になるのだが、そうなるとやはり《強制脱出装置》でも対処できる可能性が高い。

 特に、現環境を席巻する特殊召喚モンスターの多くがエクストラデッキから特殊召喚されるものであるため、モンスターフィールドに維持しなければならない点もあわせ、カード単体の単純な比較ではあちらに軍配が上がる。
 《マシンナーズ・フォートレス》《暗黒界の龍神 グラファ》など手札フィールドどちらにあっても活用できるもの、《サイバー・ドラゴン》《裁きの龍》などコストを必要としないもの、ディスアドバンテージを負ってでも除去すべき下級モンスターなども存在するが、その場合は《因果切断》の存在も考慮する必要がある。

 単体ではこのように他のカードと比較して特別秀でる部分が少ない。
 このカードの真価は、実質的なコストとも言える獣族破壊するという点にある。
 《奈落の落とし穴》など除外に対するサクリファイス・エスケープとしても機能し、《スケープ・ゴート》《金華猫》でのディスアドバンテージ軽減も可能だが、やはり破壊トリガーとする獣族モンスターとのコンボを活用すべきだろう。
 もしくはペンデュラムモンスター破壊し、カードの消費を減らすとよい。

 《XX−セイバー ガルセム》《XX−セイバー ダークソウル》ならば除去を行いつつ、自身を含めた後続を手札に呼び込める。
 相手ターンフィールドをこじ開け、《X−セイバー エアベルン》でのハンデスを狙うといった動きも可能。
 TGでは《TG ラッシュ・ライノ》のみの対応であるものの、これのサーチは容易であり、自分ターンでの攻撃性から相性は良い。
 間接的なアドバンテージ源となる宝玉獣との相性も良く、低めの攻撃力を補いやすい。
 《火舞太刀》破壊すればモンスター限定ではあるが2:2交換になる。
 《ミセス・レディエント》破壊すれば墓地から地属性モンスターサルベージできる。
 獣族には召喚成功時に効果発動するモンスターリクルーターが多いので【獣族】ではあえて狙ってみてもいいだろう。

 また破壊バウンスが同時扱いなので、《森の番人グリーン・バブーン》とのコンボが可能。
 フィールドを空けるデメリットを補え、上記モンスターとの併用も可能である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上に表側表示で存在する獣族モンスター1体と相手フィールド上に存在するモンスター1体を対象に取りますか?
A:はい、対象を取ります。(11/09/17)

Q:獣族モンスター破壊する処理と相手モンスターデッキに戻す処理は同時に行われる扱いですか?
A:はい、同時に行われる扱いになります。(11/09/17)

Q:対象に選択した自分モンスター効果解決時裏側表示になった場合、そのモンスター破壊され、相手モンスターデッキに戻りますか?
A:いいえ、自分モンスター破壊されず、相手モンスターデッキに戻りません。(11/09/17)

Q:対象に選択した自分モンスター効果解決時相手コントロールが移った場合、そのモンスター破壊され、相手モンスターデッキに戻りますか?
A:いいえ、コントロールが移ったモンスター破壊されず、相手モンスターデッキに戻りません。(13/02/07)

Q:このカード自分獣族モンスター相手《閃光の追放者》を対象としました。
  破壊された自分モンスター除外されますか?
A:先に獣族モンスター破壊しますので、破壊した自分モンスター《閃光の追放者》効果除外されます。(16/10/08)

Q:このカード対象にした相手モンスター効果解決時フィールドから離れていた場合、自分獣族モンスター破壊されますか?
A:はい。効果解決時対象とした相手モンスターが不在の場合でも自分獣族モンスター破壊されます。(17/06/22)


Tag: 《猛突進》 通常罠

広告