勇気機関車(ゆうききかんしゃ)ブレイブポッポ/Lionhearted Locomotive》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻2400/守2100
(1):このカードの攻撃宣言時に発動する。
このカードの攻撃力はダメージステップ終了時まで
元々の攻撃力の半分になる。

 コレクターズパック−伝説の決闘者編−で登場した地属性機械族下級モンスター
 攻撃時に攻撃力元々の攻撃力の半分の数値になる誘発効果を持つ。

 高い攻撃力の代償としてデメリット能力を持っており、【スキルドレイン】向けのカード
 しかし、《スキルドレイン》《愚鈍の斧》などのコンボパーツへの依存度が高く、発動していないと攻撃時の攻撃力が1200にしかならないのが痛い。
 一応、デメリット攻撃時のみで守備力もかなり高いのでとしてはそこそこの性能だが、エクシーズ召喚除去の蔓延る現環境では信頼しきれない数値である。

 《転回操車》に対応しているため、《スキルドレイン》採用型の【列車】で採用できそうだが、《転回操車》リクルート先としてはサーチ効果を持つ《無頼特急バトレイン》の優先度が高いため、あまり出番はない。
 《スキルドレイン》発動していない場合にはほとんど役に立たない欠点もあり、投入するにしても1枚程度になるだろう。
 優位点を挙げるなら、《リビングデッドの呼び声》など相手ターン《転回操車》効果を狙う場合、2400の攻撃力で比較的自分ターンまで生き残りやすい。

 元々の攻撃力が高く自爆特攻しやすいので、《機甲部隊の最前線》とは相性が良い。
 ただ、地属性機械族攻撃力2350〜1900前後にはリクルートしたいモンスターが乏しく、それ未満であればこのカードでなくても十分自爆特攻が狙えるラインとなってしまう。
 この方法で積極的に狙うのは《サイバー・オーガ》くらいだろう。

  • カード名は「蒸気機関車」と「勇気」を掛け合わせたもの。
    高いステータスが勇敢な機関車と呼ばれる所以なのだろうが、攻撃宣言攻撃力が半分になってしまうあたり、これでは「勇気」というより「蛮勇」が適切だろう。
    同じ機関車でも《スチームロイド》とは真逆である。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALにおけるWDC決勝のデュエルコースターでアンナが使用。
    特に攻撃などを行わないまま、ウルフの《超電磁竜マグネドラゴン》に戦闘破壊された。
  • アニメでのイラストは背景がアニメ塗りになっており、OCG化の際には僅かに引いたアングルとなっている。
    また、効果は現在の攻撃力を半分にするものだった。

関連カード

―《勇気機関車ブレイブポッポ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《勇気機関車ブレイブポッポ》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 機械族 攻2400 守2100

広告