融合呪印生物(ゆうごうじゅいんせいぶつ)(やみ)/The Dark - Hex-Sealed Fusion》

効果モンスター
星3/闇属性/岩石族/攻1000/守1600
(1):このカードは、融合モンスターカードにカード名が記された融合素材モンスター1体の代わりにできる。
その際、他の融合素材モンスターは正規のものでなければならない。 
(2):闇属性の融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスター一組(このカードをその内の1体とする)を自分フィールドからリリースして発動できる。
そのリリースしたモンスターを融合素材とする闇属性の融合モンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。

 FLAMING ETERNITYで登場した闇属性岩石族下級モンスター
 融合呪印生物の一体であり、融合素材の代わりになるルール効果と、融合モンスターエクストラデッキから特殊召喚する起動効果を持つ。
 この起動効果モンスターリリースするのはコストである。

 従来の融合素材代用モンスターと同じように、融合召喚を行う際に融合素材1体分の代わりにすることができる。
 加えて、正規の融合素材モンスターと共にリリースする事で、闇属性融合モンスターエクストラデッキから特殊召喚できる。

 この起動効果特殊召喚できる融合モンスターは粒ぞろいだが、この方法で出すとそのポテンシャルを十全に発揮できない効果モンスターも少なくない。
 この方法での特殊召喚融合召喚ではないため、《デストーイ・シザー・タイガー》《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》融合召喚時に発揮される効果を使えない。
 また蘇生制限を満たさないので、《デストーイ・チェーン・シープ》《Dragoon D−END》自己再生できない。
 《竜騎士ブラック・マジシャン》《真紅眼の黒刃竜》のように、単体としての性能自体を損なうわけではないものの、属するテーマデッキのサポートが豊富故にそれらの純構築では必要性が乏しいケースもあるだろう。

 このカード起動効果で出しても性能を損なわず、特殊召喚手段としても有用な効果モンスターは、《竜魔人 キングドラグーン》《ガトリング・ドラゴン》など、一部に限られる。
 なお《竜魔人 キングドラグーン》《龍の鏡》《ガトリング・ドラゴン》《オーバーロード・フュージョン》に対応するので、連続発動融合モンスターを複数並べられる。
 もう一方の素材は《E・HERO プリズマー》で確保すると良い。

 《終末の騎士》《ダーク・グレファー》墓地へ送ることができる闇属性のため、《龍の鏡》《ミラクル・フュージョン》等の発動を補助するために採用することもできる。
 特に、《E・HERO プリズマー》墓地へ送ることができない融合素材を持つ《究極竜騎士》《E・HERO シャイニング・フレア・ウィングマン》等の融合召喚を狙う場合には採用の余地がある。
 ただし、同じく闇属性融合素材代用モンスターには《破壊神 ヴァサーゴ》が存在し、あちらは《魔界発現世行きデスガイド》に対応する。
 このカード岩石族のため、《岩投げエリア》《岩投げアタック》墓地へ送れる点を活かしたい。

 変わったところでは、《闇黒世界−シャドウ・ディストピア−》発動している状態ならば、相手モンスター除去しつつ《召喚獣カリギュラ》《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》を出すことができる。
 他では相手モンスター種族等によるものの、《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》《竜騎士ブラック・マジシャン》《ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》《真紅眼の黒刃竜》汎用性の高い除去+大型モンスター特殊召喚として扱えるようになる。

関連カード

このカード起動効果特殊召喚できる融合モンスター

収録パック等

FAQ

融合呪印生物のFAQを参照。


Tag: 《融合呪印生物−闇》 効果モンスター モンスター 星3 闇属性 岩石族 攻1000 守1600

広告