妖精伝姫(フェアリーテイル)−シンデレラ/Fairy Tail - Rella》

効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いにこのカード以外のフィールドのモンスターを魔法カードの効果の対象にできない。
(2):1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んでこのカードに装備する。
この効果で装備された装備魔法カードはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。

 レイジング・テンペストで登場した光属性魔法使い族下級モンスター
 魔法カード対象を自身に限定させる永続効果手札魔法カードコスト手札デッキ墓地装備魔法を装備する起動効果を持つ。

 (1)の効果により、相手魔法カードによる単体除去などから他のモンスターを守れる。
 この効果《死のマジック・ボックス》のような複数のモンスター対象とする魔法カードにも有効。
 相手フィールドモンスター対象にできなくなるため、相手装備魔法RUM等も妨害できる。
 また、ペンデュラムモンスターペンデュラムゾーンに存在する間は魔法カードとして扱う。
 そのため強化弱体化効果を持つEMの一部や、メタルフォーゼ《相克の魔術師》などの対象をとるペンデュラム効果へのメタにもなる。
 なお自分対象を取る魔法カードの使用が制限されるので、自分の首を絞めないようなデッキ構築を行いたい。

 (2)の効果魔法カード1枚というやや重い手札コストこそ要求するものの、除外を除くあらゆる場所から装備魔法を装備できる。
 同様の手札コストを持つ《召喚僧サモンプリースト》はこのカードリクルートでき、魔法使い族サポートを共有できる。
 強化装備魔法を付けてアタッカーとするだけでなく、後述のように様々なコンボが可能である。
 墓地からも装備魔法を拾えるので、このカード複数枚と装備魔法1枚でもギミックが稼働するのも注目すべき点だろう。
 ただしこの効果で装備したカードエンドフェイズ手札に戻るため、装備魔法による強化を維持できず、アタッカーとする場合は基本的に使い捨てとなる。

  • 元ネタはその名の通り「シンデレラ(サンドリヨン・灰かぶり姫とも)」。
    (2)の装備魔法に関する効果は、シンデレラを舞踏会へ行かせるために妖精がかけた魔法を見立たものと思われる。
    「夜12時になると魔法が解けて元の姿に戻ってしまう」という点をエンドフェイズに戻る形で再現しているのだろう。
    (1)の魔法対象を自身のみに限定する効果は、シンデレラのガラスの靴を他の誰も履くことができなかった事がモチーフか。
    英語名は、「Cinderella」の末尾から来ているのだろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメDMではレオン・ウィルソンがモチーフを同じくする《シンデレラ》を使用している。
    意図したものかは分からないが、手札デッキ墓地から装備魔法《ガラスの靴》を装備するという、このカードの(2)に似た起動効果を持っていた。

関連カード

―類似効果

手札魔法カード捨てる事で効果発動するモンスター《賢者ケイローン》を参照。

収録パック等


Tag: 《妖精伝姫−シンデレラ》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 魔法使い族 攻1850 守1000

広告