妖刀(ようとう)不知火(しらぬい)/Shiranui Spectralsword》

チューナー・効果モンスター
星2/炎属性/アンデット族/攻 800/守   0
「妖刀−不知火」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、チューナー以外の
自分の墓地のアンデット族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードを墓地から除外し、
その2体のレベルの合計と同じレベルを持つ
アンデット族Sモンスター1体をエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した炎属性アンデット族下級モンスターチューナー
 墓地に存在する場合に自身と他のアンデット族除外することで、エクストラデッキからアンデット族シンクロモンスター特殊召喚する効果を持つ。

 アンデット族シンクロモンスターを擬似的に特殊召喚する効果を持つ。
 現状、アンデット族シンクロモンスターレベル6、8、10であるため、基本的にはレベル4か6か8のアンデット族除外することになる。
 正式なシンクロ召喚ではないため、チューナー《ゾンビキャリア》を指定する3体もこの効果での特殊召喚が可能。

 特にシンクロ素材を3体以上要求する《アンデット・スカル・デーモン》はその重さを無視して破壊されない耐性を活かすことができる。
 ただし、墓地リソースが重要なアンデット族において、2枚のカード除外するため計画的な使用が求められる。
 この点は、除外された守備力0のアンデット族墓地に戻せる《戦神−不知火》特殊召喚先に選ぶことで、多少は墓地アドバンテージを回復できる。
 また、《不知火の隠者》除外すれば自身を帰還できるため、特殊召喚したレベルシンクロモンスターと共に《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を始めとしたレベルシンクロ召喚が可能になる。
 なお、この効果特殊召喚すると蘇生制限を満たさないため、アンデット族の豊富な蘇生との噛み合わせは良くない。
 使い切りとするか、エクストラデッキ戻す手段も視野に入れておくと尚のこと良い。

 主要アンデット族の中では《ゾンビ・マスター》と好相性。
 手札に来れば手札コストとして捨てられて、即蘇生され、シンクロ召喚後には墓地で合計レベル6の除外コストとして共に待機出来る。
 しかし基本的にはデッキから直接墓地へ送るべきカードである所、闇属性系の墓地肥やしカードは当然使えない。
 《おろかな埋葬》などで速やかに墓地へ送りたい。

関連カード

―《妖刀−不知火》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:効果解決時にこのカードまたは対象に選択したモンスター墓地に存在しなくなった場合、残りのカード除外する処理は行いますか?
A:いいえ、行わず特殊召喚する処理も行われません。(15/10/16)


Tag: 《妖刀−不知火》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星2 炎属性 アンデット族 攻800 守0 不知火

広告