竜の束縛(ドラゴンズ・バインド)/Dragon's Bind》

永続罠
自分フィールドの攻撃力・守備力が2500以下の
ドラゴン族モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
お互いに対象のモンスターの元々の攻撃力以下のモンスターを特殊召喚できない。
(2):対象のモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した永続罠
 特定ステータスドラゴン族対象発動し、そのモンスター元々の攻撃力以下のモンスター特殊召喚メタ効果を持つ。

 ドラゴン族モンスターと併用し、同時に維持しなければならないが、特殊召喚を封じて相手の動きを制限できる。
 効果で参照するのは元々の攻撃力だが、発動時に参照するのは現在の攻撃力なので、攻撃力を下げれば元々の攻撃力が2500より高いモンスター対象にできる。

 特に聖刻とは相性がよく、その効果特殊召喚したモンスター対象にすれば、より高い数値のモンスター特殊召喚を封じる事ができる。
 拘束力はそこまで高くはないが、対象をとる効果である事から《聖刻龍−ドラゴンヌート》を選択し効果を利用することもできる。
 しかし、弱体化された上での特殊召喚なので、特殊召喚封じは継続されるが戦闘破壊されやすく一時凌ぎ程度にしかならない。
 また、対象モンスター裏側表示となった場合は制限も解除される。
 それ以外だと耐性効果を持つ《閃こう竜 スターダスト》《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》が有力だろう。
 《真紅眼の黒竜》《ホーリー・ナイト・ドラゴン》など《王者の看破》を使用できるモンスターでバックを固めるのも良い。
 《真紅眼の黒竜》トゥーン版である《レッドアイズ・トゥーン・ドラゴン》も、《トゥーン・キングダム》の恩恵下では場持ちが良いので相性が良い。
 下級アタッカー対象にした場合でもシンクロ素材エクシーズ素材の展開は困難となり、それらに頼ったデッキには強く刺さる
 一方で、融合モンスター儀式モンスター相手だと最大ラインの攻撃力2500を超えるモンスターも多く制限が機能しづらい。
 そのため、メタを読んだ動きが必要となる。
 特殊召喚封じ以外のデメリットはないため、《虚無空間》同様使い捨て感覚で使用するのが良いか。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:このカードが存在する場合、攻撃力が?の《トラゴエディア》特殊召喚できますか?
A:手札《トラゴエディア》は『対象モンスター元々の攻撃力以下のモンスター』には含まないため、特殊召喚できます。(15/11/06)


Tag: 《竜の束縛》 永続罠

広告