輪廻転生(りんねてんしょう)/Samsara》

永続魔法
儀式召喚の生け贄にしたモンスターカードは墓地へは行かず、
持ち主のデッキに戻る。
その後デッキをシャッフルする。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 SHADOW OF INFINITYで登場した永続魔法
 儀式召喚リリースにしたモンスターデッキ戻す

 墓地アドバンテージが重視されるこのゲームにおいて、リリースしたモンスターをわざわざデッキ戻す意義は薄い。
 儀式召喚リリースにしたモンスター手札に戻せる《昇華する魂》の方が明らかに有用だろう。
 一応、《創造の代行者 ヴィーナス》《神聖なる球体》を3体をリクルートし、リリースに使う事で即座に《神聖なる球体》3体を再び展開する、といった使い方がないではない。
 だがモンスターデッキ戻す用途としては《貪欲な壺》の方がドローと回収も行え、何かと使いやすい。

  • 「輪廻転生」とは、仏教における命についての考え方である。
    仏教では「全ての生き物は死→転生(生まれ変わり)→死→…のサイクルを永遠に繰り返す運命にあり、この苦しみから逃れる事はできない」としている。
    英語名の「Samsara(サンサーラ)」は輪廻転生を表すサンスクリット語である。

関連カード

―英語名関連

収録パック等


Tag: 《輪廻転生》 魔法 永続魔法

広告