霊魂鳥(エスプリット・バード)伝鳩(つたえばと)/Shinobird Pigeon》

スピリット・効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1000/守1800
このカードは特殊召喚できない。
(1):1ターンに1度、このカード以外の
フィールドのスピリットモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
(2):このカードが召喚・リバースしたターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻す。

 レイジング・テンペストで登場した風属性鳥獣族下級スピリットモンスター
 スピリットモンスター共通の召喚条件誘発効果と、スピリットモンスターバウンスする起動効果を持つ。

 元々スピリット手札に戻る効果を持っているためフィールドに残らず、このカードを活かせる場面はほとんどない。
 一応、(1)の効果発動できれば、《霊魂の円環》《スピリットの誘い》除去効果自分メインフェイズ発動できる。
 さらに、戻したスピリット風属性ならば、《霞の谷の神風》《霊魂の拠所》トリガーにもなれる。
 しかし、このカード自身は(1)の効果の対象にできないので、(1)の効果発動するには他のスピリットも展開する必要があるのが難点。
 スピリットの性質上並べること自体に手間がかかる上に、自分モンスターバウンスする手段として他のカードを差し置いてまでこのカードを使う意義は見いだしにくい。
 《河伯》効果スピリット化した相手モンスターメインフェイズバウンスすることもできるが、その場合《羅刹》を使った方が手っ取り早い。

 《霊魂鳥神−彦孔雀》《霊魂鳥神−姫孔雀》とは一応シナジーがあり、霊魂鳥神儀式召喚時効果でこのカード特殊召喚すれば、霊魂鳥神を対象に(1)の効果発動できる。
 上記の通り、《霊魂の円環》《霞の谷の神風》等のトリガーになる他、霊魂鳥神メインフェイズ手札に戻すことで、再度儀式召喚を狙うことができる。
 また、霊魂鳥神効果特殊召喚したスピリットエンドフェイズ手札に戻らないので、(1)の効果の対象として活かしやすい。

  • モチーフは「伝書鳩」だろう。
    遠隔地からの通信に利用するために訓練された鳩のことである。
    1960年代ごろまでは広く使われていた。

関連カード

収録パック等


Tag: 《霊魂鳥−伝鳩》 モンスター スピリットモンスター 効果モンスター 星4 風属性 鳥獣族 攻1000 守1800 特殊召喚不可

広告