霊魂鳥神(エスプリット・ロード)彦孔雀(ひこくじゃく)/Shinobaron Peacock》

儀式・スピリット・効果モンスター
星8/風属性/鳥獣族/攻3000/守2500
「霊魂の降神」により降臨。
このカードは儀式召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのモンスターを3体まで選んで持ち主の手札に戻す。
その後、手札からレベル4以下のスピリットモンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚できる。
(2):このカードが特殊召喚したターンのエンドフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻し、
自分フィールドに「霊魂鳥トークン」(鳥獣族・風・星4・攻/守1500)2体を特殊召喚する。

 レイジング・テンペストで登場した風属性鳥獣族儀式スピリットモンスター
 儀式召喚に成功した場合に相手モンスターバウンスしてスピリット手札から特殊召喚できる誘発効果特殊召喚したターンエンドフェイズに自身をバウンスして霊魂鳥トークン2体を特殊召喚する誘発効果を持つ。

 (1)のバウンス効果により、儀式召喚後に相手フィールドを開けて攻め込みやすくなる。
 さらに手札からスピリット特殊召喚できるため、戦闘ダメージを稼ぎやすい。
 もっとも、特殊召喚できる下級スピリット召喚・リバースした時にモンスター効果発動するモンスターが多く、特殊召喚では手札に戻らないため再利用も狙えない。
 戦闘ダメージを与えた時に効果を発揮する《不死之炎鳥》フィールドに維持したい《霊魂鳥−巫鶴》等を出したい。

 (2)の効果スピリット共通のエンドフェイズに自身を戻すバウンスであり、他のスピリットとは霊魂鳥トークン特殊召喚する点で異なる。
 スピリットは性質上がら空きになりやすいため、を作って相手ターンを凌げるのはありがたい。
 またこの霊魂鳥トークンの合計レベルは8なので儀式魔法があればまた儀式召喚が可能。
 相手ターン《緊急儀式術》を使えば、霊魂鳥トークン儀式召喚リリースとすることで展開を妨害できる。
 風属性鳥獣族という点を利用し、《ゴッドバードアタック》《風霊術−「雅」》コストとするのも良いだろう。
 《暴走闘君》攻撃力2500にまで強化するのも手か。
 《連撃の帝王》と組み合わせ、《天照大神》アドバンスセットすることもできる。

 儀式召喚以外一切の特殊召喚ができないため、墓地へ送られた後は《霊魂の降神》《霊魂の円環》コストに使うのも手。
 ただし《伊弉波》《儀式の下準備》サルベージ手段も存在するため、除外するかどうかはよく考えたい。

関連カード

―《霊魂鳥神−彦孔雀》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:相手フィールドモンスターが1体もいないときに発動できますか?
A:いいえ、できません。(16/10/08)

Q:この効果融合シンクロエクシーズモンスターのみを選んでエクストラデッキに戻した場合でも、その後の効果適用する事ができますか?
A:はい、できます。(16/10/08)

(2)の効果について

Q:特殊召喚したこのモンスター《亜空間物質転送装置》で一時的に除外された場合、エンドフェイズフィールドに戻った後(2)の効果発動しますか?
A:発動します。(17/04/20)


Tag: 《霊魂鳥神−彦孔雀》 モンスター 儀式モンスター スピリットモンスター 効果モンスター 星8 風属性 鳥獣族 攻3000 守2500 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告