煉獄龍(れんごくりゅう) オーガ・ドラグーン/Void Ogre Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守3000
闇属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分の手札が0枚の場合、1ターンに1度、
相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 PREMIUM PACK 14で登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 手札が0枚のとき、魔法・罠カード発動無効にする誘発即時効果を持つ。

 優秀な効果と同レベルシンクロモンスターでは最高の攻撃力守備力を持つ。
 インフェルニティの名を持たないが、その効果シンクロ素材の縛りから【インフェルニティ】で活用するカードであると言っていい。

 1枚で流れを変えうる魔法・罠カードを毎ターン無効にできるので、同じチューナー縛り攻撃力効果発動条件を持つ《インフェルニティ・デス・ドラゴン》よりも相手に与える影響は大きい。
 しかし、さらに対応範囲の広い《インフェルニティ・バリア》発動条件をこのカードでは満たせない点で劣る。
 効果の面では受動的なこちらに対し、《インフェルニティ・デス・ドラゴン》は即座にアドバンテージを稼げるため、状況によって使い分ける必要がある。
 《インフェルニティ・ブレイク》は問題なく発動出来るので、このシンクロモンスターを多用する場合はそちらを優先的にサーチできるよう意識したい。

 《インフェルニティ・デス・ドラゴン》《インフェルニティ・バリア》と比べると、こちらは罠カードと異なりシンクロ召喚直後から使用できる。
 そのため、《聖なるバリア −ミラーフォース−》等の攻撃反応型罠を気にせずそのターンから安心して攻撃できるのは心強い。
 他にも、連続シンクロ召喚などが可能な場面ならば、まずこのカードを保険に立てた後で展開するのも良いが、このカードを出す素材の段階で《激流葬》等に引っかかってしまうのでその点はあまり期待しないほうが良いだろう。
 また、通常ドローフェイズ時には手札が0枚でなくなるため、《強制脱出装置》等のフリーチェーンによって除去される可能性があることにも気をつけたい。
 優先権により、ドロー直後に《鳳翼の爆風》等を使って手札を減らすテクニックは覚えておいて損は無い。

  • 漫画版のインフェルニティは中世の兵種の名を冠しているが、元々の意味での「ドラグーン」もまた中世の兵種の名前であり、このカードも同じ命名規則に則っているといえる。
  • 「オーガ」を「鬼」、「ドラグーン」を「龍」と翻訳すればこのモンスターの名前は「鬼龍」となる。
    このカードの使用者である鬼柳とのシャレだろうか。
  • 英語名には「煉獄」を使用できないため、《無の煉獄》と同様に「虚無」を意味する「Void」に変更されている。
    また、《裁きの龍》と同様に「ドラグーン」にあたる部分は単に「ドラゴン」となっている。
  • シンクロ召喚時の台詞は「地獄と天国の(はざま)…煉獄よりその姿を現せ、《煉獄龍 オーガ・ドラグーン》」。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ時(ダメージ計算時)に発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/12/17)

Q:効果解決時自分手札が1枚以上になった場合でもこのカードの効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(11/12/17)

広告