翡翠(ひすい)蟲笛(むしぶえ)/Jade Insect Whistle》

通常魔法
相手プレイヤーはデッキから昆虫族モンスター1枚を選択し、
デッキをシャッフルした後そのカードをデッキの一番上に置く。

 暗黒の侵略者で登場した通常魔法
 相手プレイヤー昆虫族モンスターデッキの一番上置く

 元々は《寄生虫パラサイド》とのコンボ用に作られたカード
 《寄生虫パラサイド》を自身の効果相手デッキに加え、その後このカードを使えば、相手デッキトップ《寄生虫パラサイド》を置く事が可能。
 次のターン相手《寄生虫パラサイド》ドローすれば、強制的に《寄生虫パラサイド》相手フィールド特殊召喚する事ができる。
 もっとも、《寄生虫パラサイド》相手の場に出す事に成功しても、僅かなダメージ種族変更効果を使えるだけ。
 最初から《DNA改造手術》を使ったほうが遥かにマシである。

 また、今日のデュエルでは《増殖するG》の採用率がデッキタイプを問わず高いため、《寄生虫パラサイド》ではなく《増殖するG》デッキトップに置かれてしまう危険性が高い。
 強いて言えば、強制的に《増殖するG》ドローさせる事で相手が展開・制圧カードを引くことを妨害できると言えなくもないが、《強烈なはたき落とし》など、より汎用性も確実性もある妨害方法はいくらでもある。

  • コナミのゲーム作品において―
    デュエルリンクスでは羽蛾に専用ボイスが存在する。
    「お前のデッキの昆虫族を暴走させるぜ!」というセリフからすると、上記の《寄生虫の暴走》の代わりなのだろう。
    実際、採用しうる昆虫族《死の4つ星てんとう虫》くらいしか存在していない最初期の環境では、羽蛾のスキル「フライング寄生」(《寄生虫パラサイド》を参照)と合わせることで立派な戦術として成立していた。
    現在では《人喰い虫》等の強力な昆虫族も増えたため採用率は落ちているが、上手く決まれば相手のドローを潰すこともできるなど現在でも強力なカードであると言える。

関連カード

収録パック等


Tag: 《翡翠の蟲笛》 魔法 通常魔法

広告