【サイカリエアゴーズ】

デッキの概要

 【サイカリエアー】《冥府の使者ゴーズ》を加え、より高い安定性と制圧力を求めたデッキ
 第5期の07/03/01までの【スタンダード】の1つであり、【サイカリバー】系の最終段階とも言える。
 もはや何が何だか分からないデッキ名になってしまっているのも特徴。

《サイバー・ドラゴン/Cyber Dragon》
効果モンスター
星5/光属性/機械族/攻2100/守1600
(1):相手フィールドにモンスターが存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
《死霊騎士デスカリバー・ナイト/Doomcaliber Knight》
効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻1900/守1800
このカードは特殊召喚できない。
(1):モンスターの効果が発動した時、このカードをリリースして発動する。
その発動を無効にし破壊する。
《E・HERO エアーマン/Elemental Hero Stratos》
効果モンスター(準制限カード)
星4/風属性/戦士族/攻1800/守 300
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●このカード以外の自分フィールドの
「HERO」モンスターの数まで、
フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。
●デッキから「HERO」モンスター1体を手札に加える。
《冥府の使者ゴーズ/Gorz the Emissary of Darkness》
効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2700/守2500
自分フィールド上にカードが存在しない場合、
相手がコントロールするカードによってダメージを受けた時、
このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚に成功した時、受けたダメージの種類により以下の効果を発動する。
●戦闘ダメージの場合、自分フィールド上に「冥府の使者カイエントークン」
(天使族・光・星7・攻/守?)を1体特殊召喚する。
このトークンの攻撃力・守備力は、この時受けた戦闘ダメージと同じ数値になる。
●カードの効果によるダメージの場合、
受けたダメージと同じダメージを相手ライフに与える。

デッキ構築に際して

モンスターについて

 キーカードはそれぞれできるだけ採用する。
 他に《E・HERO エアーマン》サーチ対象として、《E・HERO アナザー・ネオス》《E・HERO オーシャン》を採用していこう。

魔法・罠カードについて

 《冥府の使者ゴーズ》手札で腐らないように、罠カードは少なめで良い。
 代わりに《月の書》《地砕き》《地割れ》等の魔法カードを採用しよう。
 《サイクロン》《非常食》等の速攻魔法をあえてセットし、相手《冥府の使者ゴーズ》への警戒を解いたところでこれらをチェーン《冥府の使者ゴーズ》特殊召喚するのも良い。

戦術

 《死霊騎士デスカリバー・ナイト》と競合するモンスターは少ないので、展開がしやすい。
 ただし《冥府の使者ゴーズ》のために、戦闘ダメージを受けやすい、フィールドが空になる状況を作る必要も出てくる。
 このため、展開力の要となる《E・HERO エアーマン》をあえて採用しない型も考えられる。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告