【パラディオン】

デッキの概要

 パラディオンを中心としたビートダウン
 パラディオンリンクモンスターリンク先パラディオン下級モンスターを展開することで攻撃力を飛躍的に高め、さらに戦闘補助を合わせて攻める。
 状況次第で1ターンキルも狙えるほどの攻撃力も得られる。

《マギアス・パラディオン/Crusadia Magius》
リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/魔法使い族/攻 100
【リンクマーカー:下】
「マギアス・パラディオン」以外の「パラディオン」モンスター1体
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):このカードのリンク先のモンスターは攻撃できない。
(3):このカードのリンク先に効果モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
デッキから「パラディオン」モンスター1体を手札に加える。
《アークロード・パラディオン/Crusadia Equimax》
リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/サイバース族/攻2000
【リンクマーカー:上/左下/右下】
リンクモンスターを含む効果モンスター2体以上
(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):このカードのリンク先のモンスターは攻撃できない。
(3):1ターンに1度、このカードのリンク先の自分の、
「パラディオン」モンスターまたは「星遺物」モンスター1体をリリースし、
相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

パラディオンモンスター
 メインデッキに入るモンスターは以下の共通テキストを持つ。

このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはリンクモンスターのリンク先となる
自分フィールドに手札から守備表示で特殊召喚できる。
(2):(固有効果)

 リンクモンスターリンク先特殊召喚し、更なるリンクモンスターリンク召喚に繋げていくのが基本的な動き。
 手札消費は各パラディオンの固有効果リンク元となるパラディオンリンクモンスター効果で補っていく。

―相性の良いモンスター

エクストラデッキについて

パラディオンモンスター
 このカテゴリに属するエクストラデッキモンスターは全てリンクモンスターであり、《双穹の騎士アストラム》以外は以下の共通効果を持つ。

(1):このカードの攻撃力は、このカードのリンク先のモンスターの元々の攻撃力分アップする。
(2):このカードのリンク先のモンスターは攻撃できない。
(3):(固有効果)

 また、リンク2以下のモンスターの固有効果は「リンク先効果モンスター特殊召喚された場合」をトリガーとする。

―それ以外のモンスター

魔法・罠カードについて

パラディオン魔法・罠カード

―その他で相性の良い魔法・罠カード

戦術

 基本的な流れとしては、メインデッキパラディオン共通効果による特殊召喚を行い、高リンクにつなぐことになる。
 《マギアス・パラディオン》《レグレクス・パラディオン》or《ヴェルスパーダ・パラディオン》or《水晶機巧−ハリファイバー》《アークロード・パラディオン》or《双穹の騎士アストラム》サーチを行いながら連続でリンク召喚することとなる。

 《水晶機巧−ハリファイバー》効果モンスターチューナーリクルートすれば、《アークロード・パラディオン》リンク召喚は容易。
 そこにモンスター1体を追加するのはパラディオン共通効果もあって難しくないため、リンク4のモンスターも出せるだろう。

 《アークロード・パラディオン》リンク召喚した後は、《リユナイト・パラディオン》全体攻撃《百獣のパラディオン》貫通《天穹のパラディオン》戦闘ダメージ倍化を加えてモンスター攻撃するのが勝ち筋となる。
 状況や相手次第では、《アークロード・パラディオン》ではなく、《双穹の騎士アストラム》を出すことになるだろう。

 《マギアス・パラディオン》《レグレクス・パラディオン》《ヴェルスパーダ・パラディオン》は基本的にサーチリンク先の調整などを行う「繋ぎ」の役割となる。
 しかし、戦闘を補助するカードの存在から相手ライフが減っている場合には前述のフィニッシャーまで繋がなくとも十分に削りきれる事もある。

 先攻で動いてターンを渡す場合の布陣としては、《アークロード・パラディオン》《クローラー・パラディオン》で一度だけ効果無効にできるようにし、《星遺物−『星槍』》手札に加えて構えておく。
 もしくは《双穹の騎士アストラム》《オーバード・パラディオン》耐性戦闘への強さで突破を困難なものにしておくかの2択が考えられる。
 リンク召喚の過程で《神樹のパラディオン》墓地に落としておけると、より強固な布陣といえる。
 どちらの場合も、壊獣《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》特殊召喚は防げないので過信は禁物。

デッキの派生

【機界パラディオン】

 ジャックナイツとの複合構築。
 同じ縦列に《マギアス・パラディオン》伏せカードを配置することでジャックナイツ特殊召喚条件を整えられる他、《マギアス・パラディオン》サーチ効果の誘発も狙える。

【守護竜パラディオン】

 《星辰のパラディオン》守護竜リンクモンスターリンク召喚し、《ヴェルスパーダ・パラディオン》効果守護竜を移動させる事で、守護竜効果を狙う。

このデッキの弱点

 ビートダウンが基本的な勝利手段なので、攻撃や展開を阻害されると逆転が難しい。
 妨害手段へのメタ性能も自前ではほとんどない。
 1ターンキルを狙える布陣も何度も行える訳ではないため、確実に攻撃を通す補助も欲しい。

 また、連続で特殊召喚を重ねて行くのが基本な都合上、特殊召喚メタに非常に弱い。
 さらに、リンクモンスターリンク先が基点になるため、リンクモンスターそのものや、出す過程を狙われると何もできずに終わることもある。
 《オーバード・パラディオン》などの対抗札はできるだけ多めに積んでおきたい。

代表的なカード

関連リンク

広告