Ai(アイ)

 IGNITION ASSAULTカテゴリ化された「Ai」と名のついた魔法・罠カード群。
 全てのカード@イグニスターに関する効果を持つサポートカードとなっている。
 また、@イグニスターの一部にもこのカテゴリに関する効果を持つものが存在し、カテゴリ間で密接な関係にある。

  • イラストには共通して、アニメVRAINSに登場する「意思を持つAI」の一体、闇のイグニスこと「Ai(アイ)」のイグニス体が描かれている。
  • カード名の多くは「あい」と読む部分を「Ai」と置き換えたダジャレになっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメVRAINSにおいてAi(アイ)が使用するカード群。
    • ちなみにAi(アイ)という名前の由来は、ハノイの騎士から逃げていたところを遊作らに捕獲された際、呼び名がないと不便だと草薙に指摘され、「AI(エーアイ)(人工知能)だから」という安直な理由で遊作により「Ai」と名付けられた(名付けられた当時は目のような形をしていたことからEye(アイ)ともかかっている)。
      なお、不霊夢からは「安直な名前だ」と揶揄されているが、アースからは「シンプルでいい名前だ」と評価されている他、ラストデュエル後にAi本人は「すげぇ気に入ってたんだ」とPlaymakerに明かしている。
      また、この会話でPlaymakerに「(当初付けた理由は適当だったが)今お前がこのAiという名前にどういう意味を込める?」と問い、Playmakerは「お前(Ai)が『人を(アイ)する』のAiだ」と答えている。
  • OCGカードとして、通常魔法《−Ai−コンタクト》・《Aiマイン》・《キ−Ai−》、速攻魔法《必殺の間−Ai−》、永続魔法《AiAiウォール》・《ゆずり−Ai−》、通常罠《−Ai−SHOW》・《−Ai−サツ》・《Aiの賛歌》、永続罠《−Ai−Q》が存在する。
    • OCGでは現状全て@イグニスターに関する効果を持つが、アニメでは《−Ai−コンタクト》・《AiAiウォール》・《−Ai−SHOW》・《−Ai−サツ》・《−Ai−Q》は@イグニスターに関する効果を持っていない。

関連リンク

―「Ai」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「Ai」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―「Ai」に関する効果を持つカード

―その他のリンク

広告