カラクリ/Karakuri

 STARSTRIKE BLASTカテゴリ化された「カラクリ」と名のついたカード群。
 全てのモンスター地属性機械族で統一されており、多くのモンスターが以下の共通する効果を持っている。

このカードは攻撃可能な場合には攻撃しなければならない。
フィールド上に表側攻撃表示で存在するこのカードが攻撃対象に選択された時、
このカードの表示形式を守備表示にする。

 自分ターンでは必ず攻撃しなければならず、相手ターン攻撃を受ける時は強制的に守備表示になるというものである。
 ステータスは全体的にやや低めであり、特に攻撃可能な場合に攻撃しなければならないのは非常に大きなデメリットになり得る。
 逆に相手攻撃戦闘ダメージを受けないというメリットもあり、専用のサポートカードを使えばこの効果を有効活用することもできる。

  • 属するモンスターの多くは、カード名に用いられている漢数字の表記が「九九」と関連している。
    また自身のカード名と同じ漢数字が、体や身に付けている物などに刻まれているのも特徴である。
    • なお漢数字の大小や乗算した結果となる値と、そのモンスターステータスとの関連性は特に見受けられない。
      単に語呂でカード名を決めているのか、何らかの意図があって特にその九九を用いているのかは不明である。
  • 英語名では「mdl ○○○(九九に当たる部分と同じ数字)」という部分を足す形で九九を表現している。
    属するモンスター機械族で統一されている事から、「mdl」は「model(モデル・形式番号)」の略だろう。
  • 絡繰(カラクリ)とは、糸や発条などで動く日本の伝統的な機械仕掛けの人形や模型、あるいは機械装置などのことを指す。
    室町時代に大きく発展し、岐阜県の高山市や愛知県の犬山市では、奉納からくり人形のお祭りが現在でも盛んに行われている。
  • 強制攻撃及び攻撃を受ける時に表示形式が変わる効果は、カラクリの持つ「自動人形」としての特徴の表れとも考えられる。
    また公式サイトの「かーどビング通信」では、これらの2つの効果を「からくり仕掛けのような面白い動き」と表現している。
  • コナミのゲーム作品において―
    WORLD CHAMPIONSHIP 2011では、「チーム・カタストロフ」の一人であるニコラスがこのカテゴリを使用している。
    彼はアニメにおいて表示形式に関する類似効果を持つ《ヒドゥン・ナイト−フック−》を使用したため、こちらのイメージからと思われる。

関連リンク

―「カラクリ」と名のついたモンスター
 ※は「カラクリ」に関する効果を持つモンスター

―「カラクリ」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「カラクリ」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―「カラクリ」に関する効果を持つカード

―「カラクリ」に関するカウンター

―その他のリンク

FAQ

Q:攻撃された時の守備表示に変更される効果の分類は何ですか?
A:誘発効果です。(10/07/17)

Q:攻撃された時の誘発効果発動するよりも前に、相手攻撃宣言時優先権を行使して《サイクロン》などを発動できますか?
A:いいえ、できません。(10/07/18)

Q:メインフェイズ1で守備表示の場合、可能ならそれを攻撃表示に変更して攻撃する必要がありますか?
A:いいえ、この効果によって攻撃表示に変更することを強制されるわけではありません。(10/07/17)

Q:メインフェイズ1の終了時に攻撃表示の場合、必ずバトルフェイズに移行し攻撃を行わなければいけませんか?
A:はい、カードの効果などでスキップされている場合などを除き、必ずバトルフェイズを行わなければなりません。(10/12/21)

Q:バトルステップの巻き戻しが発生した場合、攻撃は取り止められますか?
A:いいえ、その場合でも攻撃します。(11/02/25)

広告