クリボー/Kuriboh

 ストラクチャーデッキ−武藤遊戯−カテゴリ化された「クリボー」と名のついたモンスター群。
 属するモンスター《ハネクリボー LV9》《リンクリボー》を除きレベル1であり、《ジャンクリボー》以外は闇属性光属性《ジャンクリボー》《リンクリボー》以外は悪魔族天使族に属している。

  • 原作・アニメにおいて―
    原作・DMでは初代主人公の遊戯(闇遊戯含む)が《クリボー》を愛用している。
    GXでは2代目主人公の十代が遊戯からもらった《ハネクリボー》を、ZEXALでは4代目主人公の遊馬が《虹クリボー》をそれぞれ漫画・アニメ双方で使用した。
    5D'sの3代目主人公・遊星とARC-Vの5代目主人公の遊矢はアニメ版では使用しなかったが、それぞれ漫画版で《ジャンクリボー》と《EMクリボーダー》を使用している。
    デュエル外ではあるものの、VRAINSの6代目主人公・遊作/Playmakerも《クリボール》機雷として防御に使うことで窮地を切り抜けている。
    それ以外でも、劇場版『遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』で遊戯が《クリアクリボー》を使用した他、闇遊戯や遊馬はアニメ版で亜種に近いモンスターも採用していた。
    総じて歴代主人公と縁が深いカテゴリと言える。
  • アニメZEXALシリーズの公式ホームページ「必勝!モンスターアカデミー」の第22回では、当時OCG化されていたレベル1のクリボー系モンスター《オービタル 7》が紹介している。
    この際に「どのクリボーも遊戯王シリーズの主人公たちをピンチから救った」と述べているが、この中で紹介された《クリボン》が作中で遊星を救ったシーンは無い。
    また、《オービタル 7》は主人であるカイトが使う《クリフォトン》を紹介し忘れていたため、カイトに咎められていた。
    • なお、この紹介の最後には「クリボーはこれからも沢山増えていく」と述べられているが、その言葉通りこれ以降も順調に数を増やしている。

関連リンク

―「クリボー」と名のついたモンスター
 ※は「クリボー」に関する効果を持つモンスター

―その他のリンク

広告