パワーカード

 単体で極めて高い性能を持つカードのこと。
 大抵の場合、フィールドに出し易く強力なモンスター発動条件が緩く効果が強力な魔法・罠カードを指す。
 そのカードを引けるか、もしくは効果発動できるかで勝敗を左右することが多い。

  • パワーカードは様々なデッキで使用され流行した結果、禁止・制限カードに指定されることが多い。
    パワーカードが安易に生まれないよう、カードパワーのバランスや制限改訂が考慮されてゲームが成立している。
  • OCGの黎明期は原作漫画や家庭用ゲーム版デュエルモンスターズの再現をするという要素が強かったため、ゲームバランスはあまり考慮されていなかった。
    今日ではルールの整備やリミットレギュレーション制度によってゲームバランスが正常化され、ゲームとしての駆け引きを楽しめるようになっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    デュエル構成や演出のためか、「理不尽に強いカード」は時折登場する。
    そういったカードOCG化されない事が多く、OCG化されるとしてもゲームバランスの観点から大幅に弱体化したり、全く別の効果となる事が多い。
  • アニメDMにおける「ドーマ編」では、敵味方問わずOCG化されればゲームバランスを乱すであろう効果を持つパワーカードが多く使用された。
    そのため、長期間の放送がされたにも関わらず、アニメDM放送終了前後にOCG化されたカードは数える程度であった。
    放送終了から時を経てOCGにおいても徐々にカードパワーのインフレが起こり、ゲームバランスを調整しやすくなった今日のOCGでは相応の数がOCG化されている。
  • パワーカードの中でも、敵となるキャラクターは「強大な敵」「強敵の打破」を演出するためにモンスターカードを使用する事が多い。
    対する味方側は「ピンチからの逆転」や「仲間との絆」を演出するために多数のモンスターを展開したり、大量にドローを行う魔法・罠カードを使用する傾向にある。
    ただし例外も存在し、強力な魔法・罠カードが強敵を演出したり、強力なモンスターが「頼もしい切札」や「キャラクターの成長」を演出している。
    OCGにおいては使用条件の難しいカードなどはパワーカードとされないが、アニメにおいては演出上その効果のみがスポットされる事が多い。
  • 作中では、パワーカードに対して登場キャラクターが驚いたり戦意を喪失することは多くとも、カード自体が批判される描写は少ない。
    全くないわけではなく、原作ではカードデザイナーであるペガサスが自分の為だけに製作した《トゥーン・ワールド》に対して、カードの効果と製作理由の二重の方面から批判されている。
    アニメ5D'sでもクロウやロットンが批判をしており、特にクロウに至っては「インチキ効果もいい加減にしろ!」とまで言い放っている。
    • この縁からか、ゲームTFシリーズではクロウの台詞やクロウが使用するBFに関して、やたらと「インチキ」というパワーカードへの批判めいたセリフが多い。
      アニメARC-Vでクロウが客演した際にも類似したセリフを述べているため、1つのネタとして定着しているようだ。

関連リンク

広告