起動効果/Ignition Effect

 発動宣言して使う事ができる効果です。
 この効果は基本的に自分メインフェイズでのみ発動する事ができます。
 効果発動する際に、手札捨てるリリースする等の手順を行わなければならないカードも存在します。
 自分発動のタイミングを決められるため、コンボ攻撃に組み込みやすい効果です。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0より引用)


優先権と起動効果

 ターンプレイヤーは何らかの行動や処理の後に効果モンスターの起動効果を発動する場合、その前に優先権を放棄しなければならない。
 つまり、「起動効果の発動」は「スペルスピード1の魔法カード発動」や「モンスターの召喚」などと同等の条件でできる行動であるということである。
 詳しくは優先権参照。

以前のルールについて

 マスタールール2以前のルールにおいては、上記の優先権に関する例外として場のモンスターに限り「モンスター召喚直後」も該当していた。
 当時は召喚直後に優先権を放棄しないままで起動効果が使用でき(「召喚時の優先権で起動効果」)、《奈落の落とし穴》などを使用する場合はその効果チェーンする形がとられていた。
 一例として代表的なものを下記にまとめる。
 これはかつてはプレイング上の重要な要素となっていたが、現在では不可能となってしまったものであるため、実戦においては注意したい。

  • かつての裁定ではこの起動効果によって初めて優先権を認識するプレイヤーが多かった。

関連リンク

広告