吸収

 現在では様々な意味があるが、主にモンスターに相手モンスター装備カードとして装備すること。
 「吸収する」「吸収効果」等と使われる。

 吸収されたモンスター装備魔法扱いとなる。
 また、裏側表示モンスターを吸収した場合は裏側表示のまま装備される。
 この場合、吸収されたモンスターステータスは攻守共に0でレベル属性種族等は不明扱いとなる。
 表側表示にすることはできないが、そのカードが何であるか確認はできる。
 また、《ツイスター》では破壊できないが、《撲滅の使徒》では破壊できる。

 名前は原作において《サクリファイス》《サウザンド・アイズ・サクリファイス》モンスターを文字通り吸収し、体内に取り込む様子に由来する。
 さらに《サクリファイス》の旧テキストでは、装備されたモンスターのことを「吸収モンスター」と記していた。
 つまり、公式用語扱いだったことになる。

 しかし、テキストが整理されてから公式用語として使われなくなり、定義は曖昧になった。
 《ソードハンター》《トラックロイド》の場合はイメージを重んじて、吸収とは言わないことが多い。
 《サクリファイス》とほぼ同じ効果なら「吸収効果」と呼んで差し支えなさそうだが、例えば《スーパービークロイド−ステルス・ユニオン》は作中のイメージを見る限りでは「吸収」と言うよりは「合体」に近い。
 また、《グリード・クエーサー》《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》も一種の吸収効果だが、装備魔法扱いとして装備するのではないので上記の定義には当てはまらない。
 同様に、《No.101 S・H・Ark Knight》らのエクシーズ素材効果も吸収と呼ばれるが装備カード化ではない。
 さらに、「モンスター攻撃力を減らして別のモンスター攻撃力を増やす」「相手ライフを減らして自分ライフ回復する」ことを、「攻撃力を吸収する」「ライフを吸収する」と表現する事もある。
 結局のところ、現在では定義を統一できない用語となっている。

関連リンク

―「装備魔法以外のカード」を装備する効果を持つカード

 装備カードを参照。

―その他のリンク

広告