効果発動時

 カードの発動効果の発動モンスター効果の発動をしたタイミング。
 このときに支払うものを「コスト」といい、このとき効果対象を選択する効果を「対象をとる(指定する)効果」という。

 例1)

  1. カード(効果)Aの発動 ←このタイミングのこと
  2. チェーン確認、お互いに何も発動しないを選択。
  3. 効果解決

 例2)

  1. カード(効果)Aの発動 ←このタイミングのこと
  2. チェーン確認。
  3. チェーンでカード(効果)B発動。 ←このタイミングのこと
  4. チェーン確認。
  5. チェーンでカード(効果)Cの発動。 ←このタイミングのこと
  6. チェーン確認、お互いに何も発動しないを選択。
  7. チェーンブロックを組む
     チェーン1:カード(効果)A
     チェーン2:カード(効果)B
     チェーン3:カード(効果)C
  8. チェーンを逆順で処理
     チェーン3:カード(効果)C解決
     チェーン2:カード(効果)B解決
     チェーン1:カード(効果)A解決
  • カードの効果発動時に処理するものを一般に「コスト」と呼び、効果解決時に処理するものは「効果で」と解釈する。
  • 対象を選択はする効果でも、効果解決時に選択する効果は対象をとる効果ではないことも注意。

関連リンク

広告