刺さる

 カードの効果が特定のデッキに対して大きな影響を与える事。
 又は戦術自体を潰してしまう事。
 非公式用語である。

 ロック系のデッキに対しての《氷帝メビウス》や、《賢者ケイローン》は刺さる代表例。
 また、蘇生墓地利用を多用するデッキに対しての《次元の裂け目》《マクロコスモス》特殊召喚を多用するデッキに対する《王宮の弾圧》等も該当する。

 この様なカードは、メインの戦術でなくともそれらへのメタカードとしてサイドに投入される事が多い。

関連リンク

広告