大会罰則規定

罰則の種類

注意

  • 注意は、その行為が罰則に違反することをプレイヤーに伝えることを目的とする。

警告

  • 警告は、その行為が罰則に違反することをプレイヤーに伝えることを目的とする。
  • 警告は公式に記録される。

デュエルの敗北

マッチの敗北

  • この罰則が適用された場合、そのプレイヤーは進行中のマッチに敗北する。
  • マッチマッチの間に違反した場合や、すでに敗北が決まっているマッチで違反した場合には、ジャッジの判断で次のマッチに適用することができる。
  • マッチの敗北は公式に記録される。

失格

  • この罰則が適用された場合、そのプレイヤーは進行中のマッチに敗北し、大会を失格となる。
  • プレイヤーが失格前に獲得していた賞は、そのまま受け取ることができる。
  • 失格は公式に記録される。

受賞資格を失う失格

  • この罰則が適用された場合、そのプレイヤーは進行中のマッチに敗北し、大会を失格となる。
  • プレイヤーが失格前に獲得していた受賞資格も失われる。
  • 受賞資格を失う失格は公式に記録される。

罰則の適用

A -本規定は指針であり、大会審判は情状を酌量して罰則を軽減もしくは追加できる。

B -同一の違反を繰り返した場合、大会審判はより上位の罰則を適用できる。

デッキに関する違反

デッキリストに関する違反

  • デッキリストの提出を義務づける公式大会において、デッキリスト内容とデッキサイドデッキを含む) 内容が異なっている。
    罰則:デュエルの敗北
    デッキをデッキリスト通りに修正する。

ルールに関する違反

  • 故意ではなく、ルールを誤解したプレイをした
    罰則:注意
    この違反のあと、次の重大な判断が行われる前であるならば、ゲームを元の状態に戻す。
    すでに、ゲームが進行し、重大な判断が行われたあとの場合には、ゲームはそのまま進行する。
    使用したカード破壊する。
  • 故意ではなく、過剰にカードを引いた
    罰則:警告
    過剰に引いたカードデッキの1番上に戻す。
    どのカードを引いたのかわからない場合など元に戻せない場合は、「罰則:デュエルの敗北」を適用する。
    ゲームの展開に決定的な影響を与えるカードを引いた場合も、「罰則:デュエルの敗北」を適用する。
  • 故意ではなく、過剰にカードを見た
    罰則:注意
    見てしまったカードを適切な場所に戻す。
    元に戻せない状況になった場合、ゲームの展開に決定的な影響を与えるカードを見てしまった場合は、「罰則:デュエルの敗北」を適用する。
  • 故意に、ルールに違反したプレイをした
    罰則:受賞資格を失う失格

遅刻

  • 指定の集合時間に自分の席についていなかった。
    罰則:警告
  • 指定の集合時間後5分経過しても、自分の席についていなかった。
    罰則:デュエルの敗北
  • 指定の集合時間後10分経過しても、自分の席についていなかった。
    罰則:マッチの敗北

裏の状態で区別のつくカードの使用

  • 規則性がない場合
    罰則:注意
    スリーブを交換するなど、区別のつかない状態にする。
  • 規則性がある場合
    罰則:デュエルの敗北
    スリーブを交換するなど、区別のつかない状態にする。

不必要に長い時間をかけたプレイ

  • 故意ではなく、不必要に長い時間をかけたプレイをした
    罰則:注意
    この違反により、マッチの結果に影響があった場合、ジャッジの判断により罰則を追加することかできる。
  • 故意に、不必要に長い時間をかけたプレイをした
    罰則:マッチの敗北

不適切な対戦結果の決定

  • 対戦を行わず、ジャンケンなど無作為な方法で勝敗を決定した
    罰則:失格
  • 金銭などメリットの提供を約束し、対戦結果を操作した
    罰則:受賞資格を失う失格

詐欺行為

  • 対戦結果を偽って報告した
    罰則:受賞資格を失う失格

デュエル中の私語

  • デュエル中に他のプレイヤーまたは観戦者等の第三者からアドバイスを受けた
    罰則:警告
    この違反により、マッチの結果に影響があった場合、ジャッジの判断により罰則を追加することができる。
  • デュエル中に他のプレイヤーまたは観戦者等の第三者に話しかけた
    罰則:警告
    この違反により、マッチの結果に影響があった場合、ジャッジの判断により罰則を追加することができる。
  • プレイヤーの応援者が相手プレイヤーに対して「せかす」・「罵倒する」等の行為を行った
    罰則:警告
    プレイヤーの応援者の行為もプレイヤー自身の行為としてみなす。
    この違反により、マッチの結果に影響があった場合、ジャッジの判断により罰則を追加することができる。

 (Welcome to YU-GI-OH! Trading Card Game -Japan-より引用)

備考

  • 「罰則を軽減もしくは追加」と書いてあるが、大会罰則規定にないルール違反もジャッジの判断で罰則を与えることができる。
    例えば、ここに書かれていない「伏せカードを並べ替える」・「手札を隠す」などの行為もジャッジの判断次第で罰則を受ける可能性がある。

追記

  • 基本的に、アニメで言及される「ルールとマナーを守って楽しくデュエルしよう」というスローガンを踏襲していると思われる。
    例えば、不可抗力や過失に関しては「注意」や「警告」といった軽い罰則が多く、「デュエルの敗北」は極力避けている。
    逆に、故意に行った行為に関しては「失格」、特に反則した場合は「受賞資格を失う失格」となっている。
    当然だが、反則などせずに正々堂々と戦うべきである。
  • 原作・アニメにおいて―
    現実の「大会罰則規定」に照らし合わせた場合、不正行為・マナー違反等をしているデュエリストは結構多い。
    また、原作内のルールと照らし合わせても不正行為と思われる物も存在する(発覚しても罰則を受けるような事は滅多にないが)。
    • アニメARC-Vの「遊矢vs北斗」戦では、「カードをプレイせずに1分経過した場合は失格」と北斗が説明している。

FAQ

Q:デュエル中にプレイヤーが遊戯王OCG事務局に電話した場合どのような罰則が適用されるのでしょうか?
A:どのような罰則を適用するかはジャッジに委ねられます。(10/02/28)

Q:ショップデュエルの罰則規定に「故意に、途中棄権した」とありますが、これは大会からの棄権を指しますか?
  デュエルの投了はこれに含まれませんか?
A:遊戯王オフィシャルカードのルールとして投了というシステムは存在しません。
  なお、大会規定・罰則については、指針となり特定の内容を表すものではないため、実際に大会で発生した事案に関しては、指針を鑑みた上で審判の判断で進めて頂きます。(13/09/09)

関連リンク

広告