竜星(りゅうせい)/Yang Zing

 ザ・デュエリスト・アドベントカテゴリ化した「竜星」と名のついたカード群。
 属するモンスターは全て幻竜族で統一されている。

  • 書物によって、記載されている名前や順序が異なっている。
    「升庵外集」・「懐麓堂集」では以下の9体とされている。
  • 英語名の「Yang Zing」が何を表すかは不明。
    上記の通り中国の伝説に由来するカテゴリのため、何かしらの言葉をピンインで表したと思われるが、「Zing」という漢語ピンインは存在しない。
    表記が近い「Yang Xing」であれば「陽星」(恒星を意味する)となり、下記のセイクリッド関連の設定とも整合性が取れる。
  • 公式サイトのワンプッシュ投票では、「遊星デッキ」とどちらを使いたいかで投票されていた。
    どちらもシンクロ召喚を主軸としたデッキだが、「竜星」と「遊星」の類似した語感から比較されたのだろうか。
  • Vジャンプ2014年6月号の記事によると、「この星に宿る元素と、空に輝く星の力が、神と同等の力を持つ希望の戦士により具象化した存在」らしい。
    また、「竜星」が合わさる時、閃光が全てを飲み込むとされている。
  • Duelist Allianceの解説ページによれば、風水の無限のサイクルの1つの要素から流れる、宇宙の異なる要素を具体化した中華風の龍とのこと。

関連リンク

―「竜星」と名のついたモンスター
 ※は「竜星」に関する効果を持つモンスター

―「竜星」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「竜星」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―その他のリンク

FAQ

Q:《炎竜星−シュンゲイ》等の(1)の誘発効果ダメージステップ中にカードの効果破壊され墓地へ送られた時に発動できますか?
A:はい、できます。(14/04/19)

Q:《炎竜星−シュンゲイ》等の(2)の誘発即時効果ダメージステップ発動できますか?
A:いいえ、できません。(14/04/19)

Q:チェーン1で発動した竜星モンスター誘発即時効果によるシンクロ召喚は、《神の宣告》《昇天の黒角笛》無効にできますか?
A:その状況であれば、無効にできます。(14/05/12)

Q:竜星モンスター相手ターンシンクロ召喚する効果発動させました。この場合、この効果発動した竜星モンスター自身を必ずシンクロ素材に使わなければならないのでしょうか?
  それとも自分フィールドの別の竜星モンスター同士を使ってシンクロ召喚することはできますか?
A:相手ターンシンクロ召喚する効果発動した竜星モンスターを必ず素材に使う必要はありません。
  効果発動させた竜星モンスターとは別の竜星モンスター同士でシンクロ召喚することもできます。(14/08/08)

Q:竜星の効果によるシンクロ召喚で、シンクロ素材として墓地へ送られるモンスターは「効果墓地へ送られた」扱いになりますか?
A:シンクロ素材として墓地へ送られたモンスターは、カードの効果墓地へ送った扱いにはなりません。(14/09/05)

広告