Parallel

 カードレアリティにおける「パラレル仕様カード」のこと。
 イラストだけでなく、カード全体に格子状の光沢加工が施されている。
 初登場はOCG第1期のVol.5

 ノーマルレアスーパーレアウルトラレアシークレットレアホログラフィックレアにパラレル仕様が存在する。
 かつては単に「パラレルレア」と呼んだ場合、カード名が金箔でイラストがホイル仕様のもの、つまりウルトラレアのパラレル仕様を指すことが多かった。
 その後、DUEL TERMINAL以降はウルトラレアでないパラレル仕様カードが非常に増えたため、区別のために「ウルトラパラレルレア」や「パラレル仕様ウルトラレア」と書かれることが多くなっている。
 また、ノーマルにパラレル加工したものを特に「ノーマルパラレルレア(ノーパラ)」と呼ぶ。

 「レア度はシークレットレア並み」とかつてのヴァリュアブル・ブックには書かれていた。
 しかし、後のヴァリュアブル・ブック10では「レア度のランクには入っていない」と書かれている。
 そのさらに後のMASTER GUIDE2では、「カード全体に網目状に輝く加工が施されたカード」とされている。
 つまり、Normal/Rare/Super/Ultra/Secretに該当する加工が施されていても「パラレル加工されていればパラレル仕様」というのが現在の公式スタンスである。
 遊戯王カードデータベースでは、パラレル仕様(P)/パラレル仕様レア(P+R)/パラレル仕様スーパーレア(P+SR)/パラレル仕様ウルトラレア(P+UR)と表示されている。

  • 名前の由来は、光り方が縦横に平行(Parallel)になっているからである。
    一部のTCGでは絵柄違いのカードを「パラレルカード」と呼ぶ事があるので、遊戯王OCG以外も収集しているプレイヤーの中には混乱する人もいるようだ。
    遊戯王でも第9期になってから、通常パックの商品説明で「スーパーウルトラレア仕様のパラレルとして、シークレットレア仕様も収録!」と、後者の意味でパラレルという表現が使われている。
  • 登場して長らくこのレアリティの正式名称が存在しなかったため、プレイヤーの間で「パラレルレア」という俗称が発生した。
    その後この名称が広く浸透したため、正式なレアリティの一つとして公式でも用いられるようになった。
  • この加工技術自体はトランス・タバック(もしくはタバック)という名前だが、遊戯王界隈では全く浸透しておらず、公式書籍や公式サイトでも「パラレル仕様」「パラレル加工」と呼ばれている。
    なお、光を反射するシートを貼り付けているという誤解があるが、シートは光沢を転写させるために使用するだけであり、転写後は剥がされる。
    つまり、カード自体に施されているのはシートの貼付ではなく印刷である。
  • カードの表面を強くこすると光沢が消えることがあり、注意が必要である。
    DUEL TERMINALのパラレル仕様はさらに消えやすく、指紋が付いた程度でも簡単に消えてしまう。
    仮にパラレル加工が消えた場合、「加工したカード」と見なされ公式の大会では使用できなくなる。
    なお、使い込む過程でパラレル加工が消えたカードを使用する場合、大会前に自己申告をすることで、使用する承認を得ることができる。(09/11/07)
    ただし、当然限度はあるため、できるだけスリーブに入れて保管し加工が消えないようにしたい。
  • 余談だが、非公式に「パラレルシート」なる商品が発売されている。
    このシートをカードの大きさにカットして張り付けることで、遊戯王を含む様々なカードをパラレル仕様にできる。
    当然カード自体に手を加えているので、この処理を施したカードを大会で使用することはできない。
    ちなみに、こうして作られたカードカード名と右下の偽造防止用の箔押しがシートの下に来る事になる。
    公式のカードはパラレル加工の上からカード名や偽造防止の箔押しが印刷されているので、よく見れば簡単に区別できる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおいて万丈目長作が所有するカードがすべてパラレル仕様だった。
    しかも、何故か召喚されたモンスターもパラレルに輝いていた。
    アニメARC-Vの沢渡がデッキに入れていたカードもパラレル仕様だったが、こちらはモンスターは輝いていない。
  • アニメDMではパラレルレアは登場してないが、海馬のウイルスカードによって浸食された遊戯のカードがパラレルレアのようになっていた。

KC仕様

 劇場版「THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」に関連したカードに施されている特殊なパラレル加工。
 KCとは、海馬瀬人が社長を務める巨大ゲーム・アミューズメント企業「海馬コーポレーション(Kaiba Corporation)」の略称のこと。
 光の具合によって、海馬コーポレーション社章の「KC」の文字と、半導体基板のような模様が浮かび上がる仕様となっている。

  • このKC仕様は加工が難しいのか、初期傷が比較的多く存在している。

関連リンク

広告