これらのキーワードがハイライトされています:光の援軍

(ひかり)援軍(えんぐん)/Charge of the Light Brigade》

通常魔法
(1):自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル4以下の「ライトロード」モンスター1体を手札に加える。

 EXTRA PACK Volume 2で登場した通常魔法
 デッキカードコストに、ライトロードサーチする効果を持つ。

 ライトロード専用の《増援》で、さらにコスト墓地肥やしができ、速効性の高い墓地肥やしを消費なしで行える点が非常に優秀。
 また、選択的にライトロードを呼び込めるため、《裁きの龍》を出すための布石として役立つ事も多い。
 墓地を肥やすことが重要な【ライトロード】では、《ソーラー・エクスチェンジ》と並んで必須カードとなる。
 他にも、汎用性の高い《ライトロード・ハンター ライコウ》を中心にライトロードを併用するデッキならば採用できる。
 ただし、採用するライトロードモンスターが少ないと、デッキライトロードが尽きてしまったり、発動コストサーチできるライトロードが全て墓地へ送られてしまうこともありうる。
 コストによってサーチできるライトロードデッキに存在しなくなった場合は不発になるが、発動を行う時点でデッキライトロードが存在しない場合は空撃ちとなるので注意が必要。
 このため、【ライトロード】以外でこのカードを採用する場合はライトロードモンスターを多めにした方が安定する。

  • 英語名の出自は、西暦1854年のクリミア戦争における「バラクラヴァの戦い」で、イギリスの軽騎兵旅団がロシア軍陣地に正面から突撃した故事である「Charge of the Light Brigade」だろう。
    この突撃は無謀だが勇敢であるとも評されており、数多くの絵画や文学・音楽等の創作の題材となっている。
    これをテーマに製作・輸入された最初の映画の邦題から、日本語では「軽騎兵旅団の突撃」と訳される場合が多い。
    • 「軽装」と「光」の「Light」のスペルが同じである事をかけたネーミングであり、なかなか洒落ている。
      「Light」が「光」と取られるならば、英語名を直訳すると「光の軍団の突撃」といった意味になる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:デッキ枚数が3枚の時に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。

Q:コストを払った結果、手札に加えられるカードがなくなりました。
  この場合、どう処理しますか?
A:不発になり、相手自分デッキ確認する事ができます。(09/10/22)

Q:《マクロコスモス》または《次元の裂け目》適用下で、このカード発動できますか?
A:いいえ、どちらの場合も発動できません。(09/09/23)


Tag: 光の援軍 魔法 通常魔法

広告