魂写しの同化(ネフェシャドール・フュージョン)/Nephe Shaddoll Fusion》

装備魔法
「シャドール」モンスターにのみ装備可能。
「魂写しの同化」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):属性を1つ宣言してこのカードを発動できる。
装備モンスターは宣言した属性になる。
(2):自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
このカードの装備モンスターを含む、
「シャドール」融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを自分の手札・フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した装備魔法
 装備モンスター属性を変更する効果と、装備モンスターを含むモンスター融合召喚を行う効果を持つ。

 (1)の効果属性を変えた後、(2)の効果で対応した属性シャドール融合モンスター融合召喚することになる。

 同じくシャドール専用融合カードである《影依融合》《神の写し身との接触》と比較すると、《エルシャドール・ミドラーシュ》以外でもシャドール2体の効果を使いつつ融合召喚できるのが利点となる。
 《影依の原核》を併用する場合と比べると即効性で勝り、《アームズ・ホール》サーチ可能という利点がある。
 一方、装備魔法ゆえにフィールドに1体出ている必要があるため、相手からの妨害を受けやすい。

 また、わざわざこのカードを使うよりも、地属性なら《マスマティシャン》炎属性なら《ヴォルカニック・バレット》、と各属性ごとに汎用性の高いカードを入れておく方が手札融合もできるため無理が少ない。
 だが、こちらには属性を変更することによって属性縛りのあるシンクロ召喚エクシーズ召喚に使えるという利点があるので、住み分けは可能である。
 シャドール2体で《エルシャドール・ミドラーシュ》以外の融合召喚を狙う場合に利用して、《影牢の呪縛》魔石カウンターを貯めるサポートを行うのが一番の利用法か。

  • カード名の「ネフェシャドール」は「ネフェシュ」と「シャドール」を合わせた造語と思われる。
    ネフェシュはヘブライ語で「魂」を表し、転じて「心」や「霊」を意味する。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《魂写しの同化》 魔法 装備魔法 シャドール フュージョン

広告