彼岸(ひがん)悪鬼(あっき) ファーファレル/Farfa, Malebranche of the Burning Abyss》

効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守1900
「彼岸の悪鬼 ファーファレル」の(1)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに魔法・罠カードが存在しない場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに「彼岸」モンスター以外の
モンスターが存在する場合にこのカードは破壊される。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、
フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをエンドフェイズまで除外する。

 EXTRA PACK 2015で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 彼岸共通の効果と、フィールドモンスターを一時除外する誘発効果を持つ。

 (1)・(2)の効果《彼岸の悪鬼 グラバースニッチ》と共通しており、扱い方はあちらを参照。

 (3)の固有効果フィールドモンスター1体をターン終了時まで除外する効果
 相手モンスター除外して直接攻撃を通したり、ルール介入効果を解除したりできる。
 主な仮想敵は、《儀式魔人リリーサー》を素材として儀式召喚されたモンスターなどだろう。
 ただしエンドフェイズには対象モンスターフィールドに戻ってしまうので、それまでにこちらの戦況を大きく傾けておきたい。
 除外したモンスターレベル4以下であれば、《虚空海竜リヴァイエール》で奪うという手もある。
 彼岸の性質上ランク3のエクシーズモンスターは出しやすいので、このコンボは比較的無理なく狙える。
 また、自分モンスター除外できるので、デメリットを持つ装備魔法単体弱体化などを解除することも可能。

 《永遠の淑女 ベアトリーチェ》との相性は非常にいい。
 あちらの効果フリーチェーンで(3)の効果を使用でき、妨害手段として機能する。
 エクシーズ素材にした場合もそうでない場合でも確実に除去が行えるため、【彼岸】におけるこのカードの重要性は高まっている。

 一時的な除外としての汎用性は高いため、除外や一時的な除去を活用するデッキでは活躍が見込める。
 同じような働きができる《刻剣の魔術師》と比べると、帰還が早い事や再利用ができない点、モンスターとしての活躍はさせにくい点などで異なる。
 自分デッキに応じて決めていくと良いだろう。

  • モチーフは、ダンテの『神曲』に登場するマレブランケの一人である「Farfarello(ファルファレルロ)」だろう。
    その名は「軽快なお化け」を意味する。
    ドロシー・L・セイヤーズ訳英語版では「ファルファーレル(Farfarel)」となっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《彼岸の悪鬼 ファーファレル》 モンスター 効果モンスター 星3 闇属性 悪魔族 攻1000 守1900 彼岸

広告