CNo.(カオスナンバーズ)1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン−シニューニャ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/闇属性/機械族/攻2000/守1000
レベル2モンスター×4
このカードは自分フィールドの「No.1 ゲート・オブ・ヌメロン−エーカム」の上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):このカードがX召喚に成功した場合に発動する。
フィールドのモンスターを全て除外する。
(2):このカードが除外された場合、次の自分スタンバイフェイズに発動できる。
除外されているこのカードを特殊召喚する。
自分のフィールドゾーンに「ヌメロン・ネットワーク」が存在する場合、
さらに除外されている自分・相手のXモンスターの攻撃力の合計分のダメージを相手に与える。

 COLLECTION PACK 2020で登場した闇属性機械族エクシーズモンスター
 《No.1 ゲート・オブ・ヌメロン−エーカム》に重ねてエクシーズ召喚できる効果外テキストエクシーズ召喚に成功した場合に全体除外する誘発効果自分スタンバイフェイズ帰還除外されているエクシーズモンスター攻撃力の合計分の効果ダメージを与える誘発効果を持つ。

 通常のエクシーズ素材レベル2を4体と非常に重い上、エクシーズ素材を活かす効果を持たない。
 特段の事情がない限り《No.1 ゲート・オブ・ヌメロン−エーカム》に重ねてエクシーズ召喚することになる。

 (1)は全体除外効果
 自身も除外されてしまうが、(2)により次の自分ターンには帰還できる。
 ただし《ヌメロン・ダイレクト》効果によって特殊召喚した《No.1 ゲート・オブ・ヌメロン−エーカム》にこのカードを重ねた場合、その後の召喚特殊召喚が制限される。
 そのため、発動全体除外に成功しても基本的に追撃は望めないので、4体のゲート・オブ・ヌメロン攻撃後のメインフェイズ2に特殊召喚すべきだろう。
 また、発動後はモンスターゾーンががら空きの状態、もしくは裏側守備表示モンスター1体で相手ターンを渡すことになるため、相手ターンを凌ぐための防御カードは必須となる。

 (2)は除外トリガーとする帰還効果と、帰還時に除外されているエクシーズモンスターの総攻撃力分のバーンを与える効果
 基本的に(1)の効果除外し使うことになる。
 一度帰還した後は単なるバニラになってしまうが、他のカード除外すればまた帰還して効果を使える。
 除外される手段については不問のため、コスト除外しても構わない。
 このカード闇属性で進化前の《No.1 ゲート・オブ・ヌメロン−エーカム》光属性のため、カオスを採用するのが手っ取り早いか。

 後半のバーン相手エクシーズモンスターもカウントできるが、相手エクシーズモンスターを使うとは限らないため、自分エクシーズモンスター除外しておきたい。
 上述の《ヌメロン・ダイレクト》から特殊召喚した場合、自身を除き最大3体のゲート・オブ・ヌメロンエクシーズモンスターを用意できるため、それらを巻き込んで除外すれば3000のバーンになる。
 他の除外ギミックや2枚目のこのカードエクシーズモンスター除外することで、バーン火力は更に上昇する。
 《リンクアップル》ならエクストラデッキエクシーズモンスターで固めておけば1体を除外して火力を増やせる。
 《ヌメロン・ダイレクト》を使う前なら展開に制限はかからないため、エクシーズモンスターを出して他のカード除外してもいい。
 エクストラデッキの枠をかなり使うが、帰還したこのカードを処理してもう一度《ヌメロン・ダイレクト》効果から2枚目のこのカードに繋げれば1枚目の3000+2枚目の6000ダメージで合計9000のダメージとなる。
 このカードの処理方法としては《RUM−幻影騎士団ラウンチ》《幻影騎士団ブレイクソード》にして自身を破壊する方法などが考えられる。

 なお《ヌメロン・ネットワーク》が存在しない場合バーン適用されないため、除去には気をつけたい。
 自身が除外されている間の防御に《ヌメロン・ウォール》を使い、除去された場合はあちらの(1)の効果発動するのも手だろう。
 ただし(2)にチェーンする形で《ヌメロン・ネットワーク》除去された場合、《ヌメロン・ウォール》でのカバーも効かなくなる点に注意が必要。

 上述の様に《ヌメロン・ダイレクト》から繋げる場合、除外効果を使うと攻撃可能なモンスターが存在できず、攻撃後ならゲート・オブ・ヌメロン相手モンスター戦闘破壊している可能性が高い。
 よって、大抵はゲート・オブ・ヌメロン攻撃で勝負を決められなかった場合に(2)を発動してバーンで追撃するといった、保険としての用途になる。
 また、ゲート・オブ・ヌメロンを素材にして場持ちの良い大型モンスター特殊召喚すると言う選択肢もある。
 このカード特殊召喚するとなると、どうしても全体除外しなければならない状況や、次のターンを高い確率で凌げて効果ダメージで確実に勝利を狙える場面ぐらいとなる。
 相手ターンでどうしてもモンスターが存在しない状態になるため、この効果を使うなら《ヌメロン・ウォール》などの防御手段があるか、相手のリソースが尽きている場合にしたい。

 なお、《ヌメロン・ダイレクト》特殊召喚効果を持つカードチェーンし、効果を受けない耐性を持つモンスターを出せば全体除去を行いつつの追撃もしくは防御が可能となる。
 有用な状況は限られるが、覚えていても損はないだろう。

 レベル1を主軸としたデッキで正規のエクシーズ召喚を行った《No.1 ゲート・オブ・ヌメロン−エーカム》から繋げる事もできる。
 こちらならば誓約はかからないため、追加の特殊召喚を行う事で、直接攻撃や後のフォローが可能。
 3体の素材も【金華猫】などでは用意するのも難しくなく、対象を取らない除外であるため耐性持ちに比較的強い。
 追加の展開ができずとも、《バトルフェーダー》等が投入されている場合が多いため、ケアもしやすい。
 また、《RUM−クイック・カオス》《リサーガム・エクシーズ》相手ターンエクシーズ召喚し、除外効果で一掃を狙うのも手。
 エクシーズ素材のない闇属性ランク1に《RUM−幻影騎士団ラウンチ》を使い重ねてもいい。
 こちらの用途の場合、バーンを諦めるなら《ヌメロン・ネットワーク》は必要ないので、他のフィールド魔法を使うデッキでも採用できる。

 どの効果にも1ターンに1度は存在していないため、正規のエクシーズ召喚を行った《No.1 ゲート・オブ・ヌメロン−エーカム》から繋げて全体除去を行なった後、《ヌメロン・ダイレクト》から2体目を出すと、1体目による5000バーンと2体目による3000バーンで合計8000ダメージを与えられる。

  • 「シニューニャ(シューニャ/Shunya)」とは、サンスクリット語で「0」を意味する。
  • 頭部右の角に自身の数字である「01」が大きく描かれている。
  • アニメでのテキストは以下の通り。
    このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
    フィールド上に「ヌメロン・ネットワーク」が表側表示で存在する場合、
    このカードは自分のエクストラデッキから、自分フィールド上に存在する
    「No.1 ゲート・オブ・ヌメロン−エーカム」の上に重ねてエクシーズ召喚する事ができる。
    フィールド上に「ヌメロン・ネットワーク」が存在しない場合、このカードは破壊される。
    このカードがエクシーズ召喚に成功した時、
    フィールド上に存在するモンスターを全てゲームから除外する。
    この効果でゲームから除外されたこのカードは
    次の自分のスタンバイフェイズ時に自分フィールド上に特殊召喚される。
    この時、このカードのエクシーズ素材1つを取り除いて発動する事ができる。
    このカードの効果でゲームから除外したモンスターの
    攻撃力の合計分のダメージを相手ライフに与える。
    OCG化に際してランクアップの条件が緩和され、自壊効果も削除された。
    後半の効果除外方法を問わず帰還できる点で強化され、自身の効果以外で除外したエクシーズモンスター攻撃力を参照できるようになった。
    一方、アニメではバーンダメージモンスター除外された時点での攻撃力を参照していたため、ゲート・オブ・ヌメロンの大幅な全体強化バーンに生かすことができた。
  • エクシーズ召喚時の口上は「現れろ、CNo.1! すべての秩序を破壊し、混沌なる闇へ。世界を真なる姿へ導け。ゲート・オブ・カオス・ヌメロン−シニューニャ!」。
    因みにこの召喚口上は、アストラル世界のボスであるエリファスの切り札《NO(ニューオーダーズ)13 エーテリック・アメン》の召喚口上と対になっている。
  • アニメのイラストは、本体が右向きで赤く発光しており、背景は暗い青色を基調として、CNo.特有の渦巻き模様が見られた。
    一方、OCGでは真正面を向いて大きく描かれ発光しておらず、背景は黄色から赤色を基調としており、上部に自身の数字が追加された。

関連カード

収録パック等


Tag: 《CNo.1 ゲート・オブ・カオス・ヌメロン−シニューニャ》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク2 闇属性 機械族 攻2000 守1000 No. CNo. ヌメロン

広告