D・D・M(ディファレント・ディメンション・マスター)/D.D.M. - Different Dimension Master》

効果モンスター
星5/光属性/魔法使い族/攻1700/守1500
手札の魔法カードを1枚捨てる。
ゲームから除外された自分が持ち主のモンスター1体を特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度だけ自分のメインフェイズに発動する事ができる。

 CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した光属性魔法使い族上級モンスター
 除外されている自分モンスター特殊召喚する起動効果を持つ。

 自分モンスター1体をレベル等の制限もデメリットもなく帰還できるが、手札コスト魔法カードに限定されておりやや厳しい。
 自身を特殊召喚する手段を持たない上級モンスターの上、ステータスも低く維持も難しい。
 帰還効果を1度だけ使うのなら、手札コストに制限がなくフィールドに出す必要のない《D・D・R》という選択肢もあるので、デッキ構築の時点でうまく効果を発揮できるように工夫する必要がある。

 低いステータスが幸いし、《マジシャンズ・サークル》《憑依解放》《憑依連携》特殊召喚できる。
 《トランスターン》魔法使い族光属性レベル4からリクルートする手もある。
 また、《ネクロの魔導書》とはシナジーが強く、1枚でこのカード特殊召喚帰還対象の確保の両方を行うことができる。
 さらにあちらの発動時に見せた魔導書をこのカード手札コストにしてしまえば、情報アドバンテージの損失もなくなる。
 【魔導書】にはこのカードリクルートサーチできる《魔導召喚士 テンペル》《魔導教士 システィ》も存在するので、併用するのもいいだろう。

 魔法カードサルベージが容易でモンスター除外する機会もある【ウィッチクラフト】でも使用でき、レベル属性が同じである《ウィッチクラフト・エーデル》によってこのカード蘇生できる。

 手札コストで自己サルベージできる《破壊剣士融合》《オルフェゴール・バベル》を経由すれば擬似的に魔法カード以外もコストにできる。
 墓地モンスター除外して自己サルベージできる《ジェムナイト・フュージョン》《ティンクル・セイクリッド》なら帰還先も用意できるが、それらのカテゴリとのシナジーが薄く実用的とまではいかない。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメで遊戯と御伽が対決したゲーム「D・D・M(ダンジョン・ダイス・モンスターズ)」と略称が同じである。
    なお、原作ではこのゲームは「D・D・D(ドラゴン・ダイス&ダンジョンズ)」という名前だった。
  • コナミのゲーム作品において―
    上述の理由からかデュエルリンクスにおいて、御伽に「D・D・M(ダンジョン・ダイス・モンスターズ)」出身のカードだと一瞬勘違いされる専用ボイスが用意されている。

関連カード

―《D・D・M》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このモンスター効果で、裏側表示で除外されているモンスター特殊召喚できますか?
A:いいえ、モンスターと判別できないので特殊召喚できません。

Q:このモンスター効果の発動《光と闇の竜》無効にされました。
  同じターン中にもう1度この効果発動できますか?
A:発動できません。(12/11/30)


Tag: 《D・D・M》 効果モンスター モンスター 星5 光属性 魔法使い族 攻1700 守1500

広告