E.M.R.(エレクトロ・マグネティック・レールガン)

通常罠
(1):自分フィールドの機械族モンスター1体をリリースし、
リリースしたモンスターの元々の攻撃力1000につき1枚まで、
フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 BLAZING VORTEXで登場した通常罠
 リリースした機械族元々の攻撃力によって枚数の変わる破壊効果を持つ。

 さながら機械族《ゴッドバードアタック》とでもいうべきカード
 あちらと比べると、リリースするモンスター元々の攻撃力次第で除去枚数を増やせるのが特徴。
 攻撃力2000以上3000未満でも2枚の破壊であちらと遜色ない動きとなる。
 もっとも、攻撃力の高いモンスターを失うと攻め込みづらくなるため、サクリファイス・エスケープに使うのが基本となる。
 逆に、1000以上2000未満では1枚しか破壊できず、1000未満のモンスターではコストにする事自体ができない。
 一応、前者の場合ではサクリファイス・エスケープすれば多少はロスは抑えられる。

 類似カードと違い、破壊できる枚数は元々の攻撃力1000につき1枚までなので、攻撃力3000のモンスターリリースした場合でも必ず3枚を対象にする必要はない。
 そのため、《ゴッドバードアタック》でしばしば発生した相手フィールドのカードが1枚しか存在しないため自分フィールドのカード破壊しなければいけない、といった状況は発生しない。
 なお自分フィールドのカード対象にする事自体は可能で、《マシンナーズ・カーネル》リリースして発動し、破壊対象のうち1枚を自分フィールド機械族地属性にすればリリースした《マシンナーズ・カーネル》をそのまま蘇生でき、バトルフェイズ中ならば追撃も可能。

 このカードを活用できるのは、元々の攻撃力が高いモンスターが多数を占める【ドライトロン】【列車】になるだろう。
 特に後者は、緩い条件で妥協召喚特殊召喚できる《深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト》《弾丸特急バレット・ライナー》を用いる事で、2枚の消費で3枚の除去を行える。

  • 「エレクトロ・マグネティック・レールガン/Electromagnetic Railgun」は電力によって発生させた磁場の力で弾を投射する兵器。
    「電磁レールガン」「レールガン」とも表記される。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:妥協召喚元々の攻撃力が0となった《深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト》リリースして発動できますか?
A:はい、発動できます。(20/11/02)

Q:《進化する人類》を装備し元々の攻撃力が2400になっている《メカ・ハンター》リリースして発動し2枚破壊できますか?
A:いいえ、破壊できる枚数は2枚ではなく1枚です。(20/11/04)


Tag: 《E.M.R.》 通常罠

広告