(ジー)ゴーレム・インヴァリッド・ドルメン》

リンク・効果モンスター
リンク3/地属性/サイバース族/攻2800
【リンクマーカー:上/左/右】
地属性モンスター2体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは相手フィールドで発動したモンスターの効果を受けない。
(2):攻撃可能な相手モンスターはこのカードを攻撃しなければならない。
(3):1ターンに1度、手札からサイバース族モンスター1体を捨てて発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(4):相互リンク状態のこのカードが破壊された場合に発動できる。
相手フィールドの全ての表側表示のカードの効果は無効化される。

 ANIMATION CHRONICLE 2022で登場した地属性サイバース族リンクモンスター
 相互リンク状態のモンスターに特定の耐性を付与する永続効果、自身に攻撃を強要する永続効果サイバース族手札コストドローする起動効果相互リンク状態で破壊された場合に相手フィールドのカード効果全てを無効化する誘発効果を持つ。

 リンク3で地属性縛りがあり、(1)の適用も狙うとなると展開にはやや工夫が求められる。
 【Gゴーレム】では、《Gゴーレム・ロックハンマー》効果で生成したGゴーレムトークン3体を利用するのが最もスムーズだろうか(《Gゴーレム・ロックハンマー》のページ参照)。
 《スケープ・ゴート》で4体の羊トークンを出し、1体を《リンク・スパイダー》に、残り3体でこのカードを出し、相互リンクさせる事も可能。
 《Gゴーレム・クリスタルハート》または《トランスコード・トーカー》でこのカード蘇生させるのも良く、どちらも相互リンクさせることで効果を活かせる。

 (1)は相互リンク状態のモンスター相手フィールド発動したモンスター効果を受けない耐性を付与する効果
 (2)もあるため、相互リンク状態のモンスター戦闘効果両面から守れる。
 相互リンク状態であれば自身にも適用されるため、基本的には守りたいモンスター相互リンクになるような位置特殊召喚したい。
 相互リンク先のモンスター強化する《Gゴーレム・クリスタルハート》《トランスコード・トーカー》等とは相性がよく、それらでこのカード強化しこのカードでそれらを守るということができる。
 このカード除去されても《Gゴーレム・クリスタルハート》または《トランスコード・トーカー》が健在なら蘇生し再び相互リンクできる。

 (2)は全ての相手攻撃表示モンスターにこのモンスターへの攻撃を強制する効果
 リンク3としては高めではあるが、アタッカーには簡単に超えられる攻撃力であるため、相手ターンこの効果で他のモンスターを守るならなんらかの戦闘補助が欲しい。
 ただ戦闘破壊されても(4)に繋がるため、(4)を強要する効果と見ることもできる。

 (3)は手札交換効果
 コストとしてサイバース族が必要になるが、墓地を肥やしつつ手札の質を上げられる。
 《Gゴーレム・ペブルドッグ》など手札コストにすることがメリットになるカードコストにできるとなお良い。

 (4)は相手フィールド表側表示カード効果無効にする効果
 (1)(2)があるためある程度戦闘破壊されやすく、戦闘破壊と引き換えに永続無効化を押し付けられる。
 効果破壊にも対応するため、(1)では対応できない魔法・罠カードなどによる効果破壊に対する牽制にもなる。

  • 「ドルメン」とは日本語では「支石墓」と言い、世界各地で見られる巨石墓の一種。
    細長い数個の石を土台として埋葬地を囲うように並べ、その上に巨大な天井石を載せる形態が一般的である。
  • 「インヴァリッド(invalid)」は「妥当でないこと」「無効であること」を意味し、(4)の無効効果はこれを意識したものか。
  • アニメでは以下のテキストであった。
    地属性モンスター2体以上
    (1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
    自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは相手フィールドのモンスターの効果を受けない。
    (2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
    攻撃可能な相手モンスターはこのカードを攻撃しなければならない。
    (3):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
    その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
    (4):フィールドのこのカードが破壊される場合に発動できる。
    相手フィールドの全ての表側表示カードの効果は無効化される。
    OCGでは《Gゴーレム・クリスタルハート》貫通効果が付与されたため、こちらは貫通が削除され、代わりに手札交換が新たに加えられている。
    また、(1)は発動した効果限定、(4)は相互リンク状態で破壊された場合限定と、いずれもOCGではやや弱体化している。
  • (4)はテキストでは「破壊され」場合となっているが、作中の描写とアースの台詞から「破壊され」の誤植の可能性が高い。
  • デュエル以外では、実体化させる事でアースの移動手段も担っている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク3 地属性 サイバース族 攻2800 Gゴーレム

広告