No(ノウ)P.U.N.K.(パンク)オーガ・ナンバー/Noh-P.U.N.K. Ogre Dance》

効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻2500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「P.U.N.K.」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル8以外の「P.U.N.K.」モンスター1体を手札に加える。
(3):1ターンに1度、相手がモンスターの効果を発動した時に発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、その相手モンスターの元々の攻撃力分アップする。

 デッキビルドパック グランド・クリエイターズで登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 P.U.N.K.リリースする事で自身を手札から特殊召喚する起動効果、自身を墓地へ送る事でレベル8以外のP.U.N.K.サーチする起動効果相手モンスター効果の発動時にその元々の攻撃力の数値だけ自己強化する誘発即時効果を持つ。

 (1)は手札からの特殊召喚
 同様の効果を持つ《No−P.U.N.K.フォクシー・チューン》と同じく、《No−P.U.N.K.セアミン》サーチから特殊召喚に繋がる。
 あちらの強化攻撃力は3100となり、3000打点のラインを戦闘で突破できるようになるのは強み。

 (2)は自身を墓地へ送ってレベル8以外のP.U.N.K.サーチ
 手札からも発動できるため最上級モンスターでありながら事故要素にならないのが利点であり、初動の安定性にも繋がる。
 下級P.U.N.K.はそれぞれモンスター魔法サーチできるため、間接的に全てのP.U.N.K.カードにアクセスできる。

 (3)は相手モンスター効果の発動時における自己強化
 トリガー並びにその強化値が相手依存なので安定性は低く、効果そのものは通すので、相手ターンではそのまま除去を受ける可能性も低くない。
 嵌れば大きな強化も望めるが狙った強化は難しく、首尾よくいけばラッキーくらいに思っておくのが無難か。

 下級P.U.N.K.と異なり悪魔族用のサポートを利用でき、《魔犬オクトロス》《ダーク・オカルティズム》サーチ可能。
 《怨念の邪悪霊》を用いれば相手ターン蘇生しやすく、《Uk−P.U.N.K.娑楽斎》がいれば《Uk−P.U.N.K.アメイジング・ドラゴン》シンクロ召喚して除去が可能。

  • イラスト背景中央には巨大な「般若面(はんにゃめん)」が描かれている。
    「般若」は鬼女(非道い怨恨をもった女性の能面)を意味し、「オーガ」もここから由来であろう。
    一方、P.U.N.K.の命名則を考えるとこの場合の「ナンバー」は「数字」ではなく、「曲・曲名」の意味で使われているものだと思われ、そこにカード名の「No(ノウ)」を掛けていると推測される。
    • 「No」は「能」を指しているが、般若面を用いた能の演目は歴史上、『葵上(あおいのうえ)』『黒塚(くろづか)』『道成寺(どうじょうじ)』の三演目しか存在していない。

関連カード

収録パック等


Tag: 《No−P.U.N.K.オーガ・ナンバー》 モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 悪魔族 攻2500 守2000 P.U.N.K.

広告