SR(スピードロイド)マジックハウンド/Speedroid Ultra Hound》

効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 800/守 800
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「スピードロイド」カード1枚を墓地へ送る。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻し、そのモンスターとはカード名が異なり、
レベルが同じ「スピードロイド」Sモンスター1体を効果を無効にしてEXデッキから特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 デュエリストパック−疾風のデュエリスト編−で登場した風属性機械族下級モンスター
 召喚に成功した時にデッキからスピードロイドカード墓地へ送る誘発効果墓地スピードロイドデッキ戻し、それと同名カード以外の同レベルスピードロイドシンクロモンスター特殊召喚する起動効果を持つ。

 (1)は召喚成功時のスピードロイド墓地肥やし
 蘇生サルベージとのコンボや、《SR電々大公》等の墓地効果のサポートだけでなく、下記の(2)のサポートとしても機能する。
 魔法・罠カードも含むため、《SRデュプリゲート》墓地へ送ればこのカードレベルを1つ下げつつあちらをレベルチューナーとして展開でき、単体でレベル3のシンクロ召喚へと繋がる。
 エクストラデッキは圧迫するが、《ゴヨウ・ディフェンダー》シンクロ召喚してその効果を活用すれば大量展開も視野に入る。

 (2)は自身を墓地コストとしたスピードロイドシンクロモンスター特殊召喚
 現状のスピードロイドシンクロモンスターにはレベル3〜6・8・11が存在するが、6・8・11にはデッキ戻せるスピードロイドが存在しないので、展開先は3〜5に限られる。
 展開先のステータス効果無効という制約を踏まえると、基本的にはシンクロ素材リンク素材の為の展開と割り切って良いだろう。
 《HSRチャンバライダー》なら墓地へ送られた場合に除外したこのカードを回収できるため相性が良い。
 《HSRマッハゴー・イータ》自己再生効果を持つが、蘇生制限を満たせないため効果は活かせない。

  • カード名はおもちゃの「マジックハンド」に「猟犬」を意味する「ハウンド」を足したものと思われる。
    英語名の「Ultra」は、1966年に任天堂が発売したマジックハンドの商品名「ウルトラハンド」から来たものだろう。
    「ウルトラハンド」はイラストのようにパンタグラフ式の折りたたみ機構になっているもので、これが大ヒットしたため元々業務用工具だったマジックハンドがおもちゃとして広く知れ渡った。

関連カード

収録パック等


Tag: 《SRマジックハウンド》 モンスター 効果モンスター 星3 風属性 機械族 攻800 守800 スピードロイド ロイド

広告