VV(ヴァリアンツ=ウォー)(はじ)まりの()〜》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「ヴァリアンツ」フィールド魔法カード1枚を手札に加える。
その後、以下の効果を適用できる。
●自分フィールドのPモンスターカード1枚を選んで破壊し、
デッキから「ポジションチェンジ」1枚を手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分のEXデッキから表側表示の「ヴァリアンツ」Pモンスター1体を選んで自分のPゾーンに置く。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 デッキビルドパック タクティカル・マスターズで登場した通常魔法
 ヴァリアンツフィールド魔法サーチし、自分ペンデュラムモンスターカード破壊すれば更に《ポジションチェンジ》サーチできる効果、自身を墓地コストエクストラデッキ表側表示ヴァリアンツペンデュラムゾーン置く効果を持つ。

 (1)はサーチ効果
 ヴァリアンツフィールド魔法はそれぞれの効果でもう片方を相手フィールド置く事ができ、そこから各固有効果へと繋げられる。

 ペンデュラムモンスターカード破壊すれば更に《ポジションチェンジ》サーチできる。
 ヴァリアンツカードの位置だけでなく「移動する」事が重要なテーマであり、通常では動かすだけのあちらの効果コンボに組み込みやすい。
 「モンスターカード」というテキストにより、モンスターゾーン魔法&罠ゾーンどちらも選べるので適用も容易。
 《ヴァリアンツの巫女−東雲》でこのカードサーチした場合、あちらを破壊する事で《ポジションチェンジ》サーチも確実に行える。
 また、破壊するカードヴァリアンツに指定されていないため、破壊された場合の効果を持つペンデュラムモンスターとのコンボも可能。

 (2)はエクストラデッキ表側表示ヴァリアンツペンデュラムゾーン置く効果
 (1)でヴァリアンツ破壊した場合は能動的に発動条件を作り出せる。
 自力でモンスターゾーンからペンデュラムゾーンに移る術を持たない《ヴァリアンツG−グランデューク》ペンデュラム召喚が難しい《ヴァリアンツの聚−幻中》を選ぶのも良いだろう。
 ただし、墓地へ送られたターンには発動できない制約により、(1)から繋ぐには1ターンのタイムラグは要する。

  • カード名にチルダ(〜)が使われた初めてのカード
    • 2022年6月現在、公式データベースのカード検索で「VV〜始まりの地〜」と検索してもヒットしない。
      どうやらチルダ(〜)が原因らしく、「始まりの地」などで検索すればヒットする。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《VV〜始まりの地〜》 魔法 通常魔法 ヴァリアンツ

広告