《めぐり−Ai(アイ)−》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札・EXデッキの攻撃力2300のサイバース族モンスター1体を相手に見せ、
そのモンスターと同じ属性を持つ「@イグニスター」モンスター1体をデッキから手札に加える。
発動後、このターン中に自分がこの効果で見せたモンスター
またはその同名モンスターの特殊召喚に成功しなかった場合、
エンドフェイズに自分は2300ダメージを受ける。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はサイバース族以外のモンスターの効果を発動できない。

 LIGHTNING OVERDRIVEで登場した通常魔法
 手札エクストラデッキ攻撃力2300のサイバース族1体を相手に見せ、同じ属性@イグニスター1体をサーチできるが、見せたモンスター同名モンスター特殊召喚しなかった場合は2300ダメージを受ける。

 公開できるサイバース族エクストラデッキのみで6属性存在する。
 @イグニスターで用意しようとすると水属性儀式モンスター《ウォーターリヴァイアサン@イグニスター》になってしまうため、一見すると《ヒヤリ@イグニスター》のみ多少サーチ難易度が高いようにも見える。
 とはいえ下級@イグニスターは全て《アチチ@イグニスター》サーチが可能なため、その点が実際に響く状況は少ないだろう。
 どうしても直接手札に加えたい場合は《シューティングコード・トーカー》エクストラデッキに用意しておくと良い。
 基本的にはその《アチチ@イグニスター》や同じく初動札の《ピカリ@イグニスター》を選ぶことになるだろうが、場合によってはサーチ手段の少ない《ガッチリ@イグニスター》《グッサリ@イグニスター》等も候補になるか。

 デメリットとして、発動後はサイバース族以外の効果の発動が不可能になり、サーチの際に公開したモンスター特殊召喚しなかった場合2300の効果ダメージを負ってしまう。
 前者は共通するデメリット効果も多く、【@イグニスター】はそもそもサイバース族以外は殆ど採用しないため、それほど問題ない。
 後者も@イグニスターの展開力を用いれば容易に回避できるが、相手からすればその特殊召喚マストカウンターとなるため、特殊召喚無効化の標的になりやすい点には注意。
 無論あえてダメージを受けそれを利用する手もあり、サイバース族のサポートに限定しても《サイバネット・ストーム》のトリガーを能動的に引くことができる数少ないカードである。

  • 原作・アニメにおいて―
    イラストの元ネタは、アニメVRAINSの「遊作/Playmaker vsリボルバー」(2戦目)の後のリボルバーから取り返した自身のデータを使ってAiが元の自分の姿を遊作達に披露するシーンだろう。
    • イラストでAiが立っているのは、作中で登場するデュエルディスクである。
      遊作/Playmakerが使用しているが、旧式であるため使用者が少なく、このデュエルディスクがPlaymakerの正体を突き止める手がかりにもなっていた。
      他には尊/Soulburnerも使用しており、Ai及び不霊夢は、足元の丸い部分に入り込んで目だけを覗かせている事も多かった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《めぐり−Ai−》 魔法 通常魔法 Ai

広告