《アイス・ブリザード・マスター/Ice Master》

効果モンスター
星8/水属性/魔法使い族/攻2500/守2000
このカードは自分フィールドの水属性モンスター2体をリリースし、
手札から特殊召喚できる。
1ターンに1度、フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
アイスカウンターを1つ置く事ができる。
また、このカードをリリースする事で、
アイスカウンターが乗ったモンスターを全て破壊する。

 Vジャンプ(2006年5月号開始) 一年間定期購読特典で登場した水属性魔法使い族最上級モンスター
 自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果モンスターアイスカウンター置く起動効果アイスカウンターが乗ったモンスターを全て破壊する起動効果を持つ。

 水属性2体のリリース手札から特殊召喚可能。
 《深海のディーヴァ》《素早いビーバー》《素早いアンコウ》などの効果を使えば即座に2体のリリースを用意できる。
 《超古深海王シーラカンス》水属性を展開してもいい。
 十分に墓地が肥えた状態ならば、《レクンガ》レクンガトークンを出してもいいだろう。

 効果の1つ目はアイスカウンター置く効果
 他のアイスカウンター置くカードと比べてノーコストではあるものの、個数が1つしかない。
 《スノーダスト・ジャイアント》全体弱体化の数値を増やすか、自身の効果除去する数を増やす用途となる。

 効果の2つ目はアイスカウンターが置かれたモンスターを全て破壊する効果
 アイスカウンター相手モンスターにばらまいた上で自身をリリースする必要があるので効率が悪い。
 加えてアイスカウンターが乗った自分モンスター破壊してしまうため、《スノーダスト・ジャイアント》なども巻き込む可能性がある。

 魔法使い族サポートで補うにしても、アイスカウンターの関連カードに他に魔法使い族が存在しないためシナジーが悪い。

 下手に全体除去を狙うと効率が悪いため、基本はアタッカーアイスカウンター生成要員として使い、全体除去はオマケ程度にとどめておくと良いか。

  • 英語名は「マスター(Master)」と男性形である。
    《精霊術師 ドリアード》《ライトロード・マジシャン ライラ》等からも分かる様に、英語名では男性名詞と女性名詞が明確化される傾向が見られる。
    ただしMasterには「〜を自在に操る者」という意味があり、この場合のMasterには女性形が存在しないため性別を気にする必要がない。
    • なお、同じくThe Duelist Genesisに収録された、明らかに女性型の《コールド・エンチャンター》も「Enchanter」と男性形のままである。
      この点を考慮すると、昨今の海外における「女性名詞は差別的」という風潮に考慮した等の可能性も考えられるが、ドイツ語などでは女性名詞が用いられている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《アイス・ブリザード・マスター》 効果モンスター モンスター 星8 水属性 魔法使い族 攻2500 守2000

広告