《アダマシア・ラピュタイト/Adamancipator Laputite》

フィールド魔法
(1):自分フィールドの岩石族モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「アダマシア」カードを5枚まで選び、
好きな順番でデッキの一番上に置く。

 デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズで登場したフィールド魔法
 岩石族全体強化する効果デッキアダマシアカードを5枚まで選びデッキの一番上に好きな順番で置く効果を持つ。

 (1)は岩石族モンスター全体強化
 アダマシアは現在全て岩石族であり、ステータスに不安のあるモンスターも多いため、500の強化が有益に働く場面も多いだろう。
 【岩石族】でも全体強化カードとして扱うことはできるが、《岩投げエリア》トラミッドフィールド魔法など、他にもフィールド魔法を扱いがちなデッキなので競合しやすい。
 逆に、《盆回し》を投入しやすくなるという点はメリットになり得るため、同時に採用してみるのもよいだろう。

 (2)はアダマシアカードを5枚までデッキトップに好きな順番で置く効果
 アドバンテージが得られるわけではないものの、アダマシアモンスターデッキトップを参照する効果を補助できる。
 特に複数枚の岩石族デッキトップに置くことに意味のある《魔救の奇跡−ドラガイト》の補助を1枚で行えるのは大きい。
 《シューティング・スター・ドラゴン》とも相性が良く、アダマシアチューナーを5枚デッキトップに置けば、5回の連続攻撃が確定する。
 変わったところでは《繁華の花笑み》サーチ墓地肥やし条件を1枚で満たせるため併用するのもよい。

  • カード名は「ラピュタ」+鉱物を意味する接尾語の「-ite」か。
  • 「ラピュタ」もしくは「ラプータ」は、ジョナサン・スウィフトの小説『ガリヴァー旅行記』に登場する「空飛ぶ島」を指す。
    飛行石という架空の石をめぐる冒険譚である、邦画のスタジオジブリ作品『天空の城ラピュタ』はこれがモチーフである。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《アダマシア・ラピュタイト》 魔法 フィールド魔法 アダマシア

広告