《アマゾネスペット(タイガー)/Amazoness Tiger》

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1100/守1500
(1):「アマゾネスペット虎」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードの攻撃力は、自分フィールドの「アマゾネス」モンスターの数×400アップする。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手モンスターはこのカード以外の「アマゾネス」モンスターを攻撃できない。

 黒魔導の覇者で登場した地属性獣族下級モンスター
 自分フィールド1枚しか存在できない分類されない効果自分アマゾネスモンスターの数に応じて自己強化を行う永続効果、他のアマゾネスへの攻撃を封じる永続効果を持つ。

 自己強化効果は自身もカウントするため、効果無効にされない限り攻撃力は最低でも1500となり、他に1体でもアマゾネスがいれば下級アタッカーとして十分な数値となる。
 ただし、アマゾネスは全体的に展開力が低いため、特殊召喚効果を持つ《アマゾネスの斥候》《アマゾネス王女》と併用したり、《融合派兵》で自身を特殊召喚するといった方法でカバーしたい。

 また、相手攻撃を制限する効果も持っているが、単にアマゾネスを守るのならば《アマゾネス女王》戦闘破壊耐性を持たせた方が有効なので、《アマゾネスの里》リクルートしやすい点を活かすべきか。

 注意点としては、獣族なので戦士族サポートカードを共有できず、《一族の結束》を阻害してしまう点と同名カードを重複してフィールドに出せない制限がある点。
 特に後者は、このカード同名カード扱いとなる《アマゾネスペット仔虎》と併用した際に響くため、気をつけて立ち回りたい。

  • テキストは以下の通り。
    (1)は装備カード状態でフィールドに存在する場合は同名カードが出せなかった。
    (2)はモンスターカードとあり、装備カード状態のアマゾネスも含めてしまうが、実際はモンスターゾーンの枚数を参照する。
    (3)は破壊以外でフィールドを離れた場合にも有効なように見えるが、当初から他の類似した効果と同じようにフィールドを離れた時点で効果は消えた。
    このカードは自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。
    自分フィールド上の「アマゾネス」という名のついたモンスターカード1枚につき、
    このカードの攻撃力は400ポイントアップする。
    相手はこのカードを破壊しない限り、
    他の「アマゾネス」という名のついたモンスターを攻撃できない。
  • ちなみにその姿は、彼女が一緒にいた虎「バース」にそっくりである。
  • 融合召喚時の口上では「牙むく密林の野獣」と称されている。
  • アニメSEVENSでは、このカードを意識したモンスターである《獣楽鬼トランペット虎》が登場している。

関連カード

フィールドに1枚しか存在できないカード1枚しか存在できないを参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:フィールド上に1枚しか存在できない効果の分類は何ですか?
A:分類のない効果です。(16/05/26)

Q:このカードが表側表示で存在する時にもう1枚をセットする事は可能ですか?
A:可能です。
  もし、もう一方がリバースした場合は破壊されます。

Q:《スキルドレイン》適用中に2体目を召喚する事はできますか?
A:不可能です。
  表側表示で存在するこのカードの効果無効になりますが、手札などに存在する2体目のこのカードの「2体以上存在できない効果」は無効にならないので召喚はできません。(08/05/08)

Q:墓地《冥界の魔王 ハ・デス》によって戦闘破壊された《アマゾネスペット虎》Aが、フィールド《スキルドレイン》と《アマゾネスペット虎》Bが存在します。
  この時Aを対象《死者蘇生》発動できますか?
A:発動でき、《アマゾネスペット虎》Aを特殊召喚できます。(14/03/31)

Q:フィールドに《アマゾネスペット虎》がいるとき、《ファントム・オブ・カオス》で《アマゾネスペット虎》をコピーした場合どうなりますか?
A:《ファントム・オブ・カオス》破壊されます。(10/07/16)


Tag: 《アマゾネスペット虎》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 獣族 攻1100 守1500 アマゾネス

広告