《アルカナ トライアンフジョーカー/Arcana Triumph Joker》

効果モンスター
星10/光属性/戦士族/攻   ?/守2500
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、
手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「クィーンズ・ナイト」「ジャックス・ナイト」「キングス・ナイト」を1体ずつ墓地へ送って発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードの攻撃力は、お互いの手札の数×500アップする。
(3):手札を1枚捨てて発動できる。
捨てたカードと同じ種類(モンスター・魔法・罠)の、相手フィールドの表側表示のカードを全て破壊する。

 WORLD PREMIERE PACK 2021で登場した光属性戦士族最上級モンスター
 絵札の三銃士3体を墓地へ送る事で自身を特殊召喚できる起動効果お互い手札の合計枚数×500だけ攻撃力自己強化する永続効果捨てた手札カードの種類が同じ相手表側表示カードを全て破壊する起動効果を持つ。

 (1)は手札墓地からの特殊召喚
 絵札の三銃士サポートカードの多さと《キングス・ナイト》効果からコストの用意は難しくはないが、それでも重いのは否めない。
 効果無効化を受けたり、チェーンされてこのカード除外されようものならば大幅なディスアドバンテージとなるため、絶対に気を付けたい。
 手札枚数を減らす事は(2)(3)ともアンチシナジーであるので、無理にこの効果で展開するよりも他のカード特殊召喚を狙っても良いだろう。
 《神速召喚》サーチからアドバンス召喚するのも手で、2体のリリースで済む為この効果による特殊召喚よりも軽い。

 (2)はお互い手札枚数に比例した攻撃力自己強化
 合計枚数が6枚あれば3000のラインに届くので、ある程度手札に余裕を持たせるプレイングを意識すれば相応の攻撃力は望める。
 この効果を意識して相手手札を積極的にフィールドに出していくことも考えられるが、それを逆利用して除去カードコンボしてみるのも良い。

 (3)は手札コストと同じカードの種類に対する全体除去
 除去範囲がカードの種類に限られるが、モンスターカードならばコストも用意しやすく、発動機会も多いだろう。
 昨今の広範囲除去にしては珍しく1ターン内の発動制限も無く、モンスター魔法カード、2種の一掃を狙える局面も多いと思われる。
 相手フィールドの状況に左右される面を差し引いても有用な全体除去ではあるが、手札を消費すると(2)による強化数値が下がるので乱発は控えたい。

  • 「トライアンフ」については《ナチュル・トライアンフ》を参照。
    トランプにおけるマジックにも「トライアンフ」(全てのカードの表向きを一斉に裏面にして、対象のカード1枚を瞬時に表にする技)という名前が存在する。
  • King's Courtの商品ページでは、2つ目と3つ目の効果については解説されていたが、1つ目の効果のみ紹介が無かった。

関連カード

収録パック等


Tag: 《アルカナ トライアンフジョーカー》 モンスター 効果モンスター 星10 光属性 戦士族 攻? 守2500

広告