《アルグールマゼラ》

効果モンスター
星8/地属性/アンデット族/攻2800/守2300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのアンデット族モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに手札・墓地のこのカードを除外できる。
(2):このカードが手札・墓地から除外された場合に発動できる。
このカードを守備表示で特殊召喚する。
その後、このカードのレベルを1つ下げる事ができる。

 DIMENSION FORCEで登場した地属性アンデット族最上級モンスター
 自分フィールドアンデット族破壊される身代わりとして自身を手札墓地から除外できるルール効果手札墓地から除外された場合に帰還し、更に自身のレベルを1つ下げられる誘発効果を持つ。

 (1)はアンデット族破壊身代わりとして自身を除外する効果
 戦線維持になるだけでなく、(2)による特殊召喚へと繋がるので寧ろ戦線を強化できる。
 墓地手札の両方から除外でき、アドバンテージの面では墓地からが優れるが、相手の計算を狂わせられる点では手札からの方が勝る。
 また、複数のアンデット族全体除去を受ける場合でも1度の発動でそれらを纏めて守れる。

 (2)は自身の帰還レベルを1つ下げられる効果
 守備表示指定なので自分ターン発動した場合はそのターンアタッカーに使えないのはネック。
 トリガーは主に(1)だが、それ以外では《幽合−ゴースト・フュージョン》《龍の鏡》による《冥界龍 ドラゴネクロ》墓地融合などもトリガーとなる。
 なお、それらでデッキフィールドから除外してもトリガーにならない点は注意。
 レベル変動についてはシンクロ召喚レベル調整に活用できるが、それ以外では必要性は薄く、基本的にオマケに近い。

 (1)と(2)の効果によってフィールドを経由しリンク素材等に用いて墓地へ戻れば、次のターン以降も再び同じ効果が使えるため、このカード墓地へ落としておくだけで実質アンデット族1ターンに1度破壊耐性を毎ターン付与できるものと同義。
 手札に保持していた方が奇襲性は高くなるが、各種サポートカードで早々に墓地へ送っておく事も検討できるだろう。
 デッキから墓地へ送る場合は直接このカード墓地へ送るのではなく、《グローアップ・ブルーム》墓地へ送ってこのカードサーチした後、手札コストに用いても無駄がない。

  • 「アルグール(Al-ghul)」とはアラビア語で「災難、恐怖」を表し、グールの語源とされる。
    また「悪魔」という意味もあり、そちらを英語に変換すれば《デビルマゼラ》となる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《アルグールマゼラ》 モンスター 効果モンスター 星8 地属性 アンデット族 攻2800 守2300

広告