《イモータル・ドラゴン》

シンクロ・チューナー・効果モンスター
星6/闇属性/アンデット族/攻 500/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送り、
このカードのレベルを、そのモンスターとこのカードの元々のレベルの差の数値と同じにする。
(2):このカードが墓地に存在する状態で、自分のアンデット族モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

 DIMENSION FORCEで登場した闇属性アンデット族シンクロモンスターチューナー
 デッキからアンデット族墓地へ送り、自身のレベルを変化させる起動効果自分アンデット族の被戦闘破壊トリガーとして自己再生できる誘発効果を持つ。

 シンクロ素材縛りが無く、レベル下級モンスター同士で出せるため、適当なチューナーを採用すれば【アンデット族】全般で採用できる。
 アンデット族シンクロモンスターにはチューナー側にアンデット族縛りを持つものも多く、自身の元々のレベルも相まってそれらのシンクロ素材に適する。

 (1)はアンデット族墓地送りと自身のレベル変化。
 墓地へ送られたアンデット族レベルと自身の元々のレベルの差の数値のレベルに変化するため、墓地へ送るアンデット族レベル6に近いほど自身のレベルは低くなる。
 効果使用後のこのカードシンクロ素材に活用する場合、レベルが低くなりすぎると高レベルシンクロ素材に使いにくくなる点は意識しておきたい。
 もっとも、墓地リソースが求められる【アンデット族】においては墓地肥やしの重要性は高く、後半のレベル変化を無視してでも積極的に発動する価値はある。
 リンク素材リリースコスト等に活用する場合はレベルが小さくなろうが関係ないためほぼ無視できる。

 (2)は自分アンデット族の被戦闘破壊トリガーとした自己再生
 基本的には受け身のトリガーだが、自爆特攻で能動的に使用する事も可能ではある。
 《ピラミッド・タートル》自爆特攻すれば、あちらでリクルートしたモンスターとでメインフェイズ2にシンクロ召喚を行える。

関連カード

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:公式データベースには「このカードモンスターゾーンでのレベルが変化するようにデッキからモンスター墓地へ送る必要があります」と記載されています。
  つまりレベル4となっている《イモータル・ドラゴン》はレベル10と2のアンデット族デッキから墓地へ送れないという解釈で良いのでしょうか?
A:おっしゃるとおり、レベル10と2のアンデット族墓地へ送れません。(22/01/15)


Tag: 《イモータル・ドラゴン》 モンスター シンクロモンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星6 闇属性 アンデット族 攻500 守2400

広告