《インフェルニティ・セイジ》

チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 400/守 800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札を全て捨てる。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「インフェルニティ」モンスター1体を墓地へ送る。
この効果は自分の手札が0枚の場合に発動と処理ができる。

 PREMIUM PACK 2021で登場した闇属性悪魔族下級モンスターチューナー
 自分手札を全て捨てる起動効果、ハンドレス時に墓地へ送られた場合にインフェルニティモンスター墓地へ送る誘発効果を持つ。

 (1)は手札を全て捨てる効果
 【インフェルニティ】において手札が0枚であることは確かに展開するうえでの必要条件ではあるのだが、このカード捨てるのみでそれ以外の効果が無い。
 本来は手札コストを要するカード等でアドバンテージを得ながら副次的に手札が0枚になるのが理想的であるため、無理に使う必要はない。
 墓地発動する《ヘルウェイ・パトロール》や処理できない上級モンスター等が手札にダブついた場合など、機会があれば活用する程度の認識で良いだろう。

 フィールドから墓地へ送って(2)の効果発動する場合は、手札を確実に0枚にする手段としてそれなりに機能する。
 【インフェルニティ】特有のコンボはほぼ確実にハンドレスが前提となるが、このカードを始点とすればほぼ確実に満たすことができる。
 なお、暗黒界など効果手札捨てるトリガーにする目的で採用することも一応可能であるが、殆どは《トランス・デーモン》《手札抹殺》等で事足りる。

 (2)は自身が墓地へ送られた場合にインフェルニティモンスター墓地へ送る効果
 単体で手札に来ても(1)の効果を使用した後に《転生炎獣アルミラージ》リンク素材にすることですぐにこの効果発動できる。
 《ダーク・グレファー》《インフェルニティ・インフェルノ》デッキから墓地へ送るインフェルニティの枚数を嵩上げするために使うのも良いが、ハンドレスが条件のため墓地へ送るタイミングには注意したい。

 しかし墓地へ送りたいインフェルニティは殆どが悪魔族であり、手札があっても発動でき【インフェルニティ】で重要な《ヘルウェイ・パトロール》墓地へ送ることができる《魔サイの戦士》がライバルとなる。
 こちらはインフェルニティに属するチューナーとしての運用ができる点、闇属性であり《ダーク・グレファー》《終末の騎士》などでデッキから墓地へ送ることができる点、攻撃力1000以下であるため《転生炎獣アルミラージ》リンク素材になれる点で差別化できる。

 その他には唯一の悪魔族レベル2のインフェルニティであるため、《トランスターン》《ダウンビート》コストにすることで《インフェルニティ・デーモン》墓地へ送ると同時に《インフェルニティ・ネクロマンサー》《インフェルニティ・ミラージュ》リクルートして蘇生まで繋げられる。

  • カード名の「セイジ」は賢者を意味する「Sage」からだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《インフェルニティ・セイジ》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 悪魔族 攻400 守800 インフェルニティ

広告